J2リーグ第4節結果発表!!

こんばんは!!

ryuです。

さて、今日はこちらの記事です。

J2リーグ第4節結果!!

2018シーズンの明治安田生命J2リーグが幕を開けましたね。

第4節の結果がこちら!!

03/17(土)

山形 2-2 町田

町:戸高弘貴(前9)

山:アルヴァロ・ロドリゲス(後7)

山:阪野豊史(後38)

町:ドリアン・バブンスキー(後44)

大分0 – 0東京V

福岡 0-2 甲府

甲:ジネイ(後5)

甲:リンス(後44)

徳島 4- 1 千葉

徳:呉屋大翔(前16)

千:指宿洋史(前30)

徳:杉本太郎(前45)

徳:シシーニョ(後29)

徳:島屋八徳(後44)

横浜FC 0-3 新潟

新:河田篤秀(前34)

新:矢野貴章(前43)

新:小川佳純(後29)

栃木 1- 0 讃岐

栃:西谷和希(前41)

京都 2-1 岐阜

京:小屋松知哉(前18)

岐:古橋亨梧(前41)

京:小屋松知哉(後30)

松本 1 – 1 岡山

岡:塚川孝輝(前35)

松:岩上祐三(後32)

水戸 3-0 山口

水:小島幹敏(前12)

水:田向泰輝(後4)

水:平野佑一(後31)

愛媛 1-2 熊本

熊:中山雄登(前3)

愛:池田樹雷人(前26)

熊:OG(前41)

大宮 1-1金沢

金:宮崎幾笑(後32)

大:嶋田慎太郎(後41)

水戸は首位対決を制して3勝1分で首位に出ました。同じく3勝1分の得失点差で岡山が2位。

首位対決を逃した山口が3位!!

新潟が矢野貴章選手の三戦連続弾で4位と続いています。

千葉、愛媛はいまだに勝利なし。

私がJ2で応援している大宮は引分で15位に転落。

同じ埼玉の浦和レッズと一緒で長いトンネルの中にいますね。

次に期待してます。

J2リーグはJ1リーグから降格してきたチームがかなり多く、し烈な争いが毎年繰り広げられているだけに今年も波乱の予感がします。

今日はアルビレックス新潟で三戦連続弾で好調を維持している矢野貴章選手をピックアップ!!

矢野貴章選手とはどんな選手?

矢野 貴章(やの きしょう、1984年4月5日 – )は、静岡県浜松市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・アルビレックス新潟所属。ポジションはフォワード(FW)、ディフェンダー(DF)。元日本代表。マネジメント会社はサニーサイドアップ。

名前 矢野貴章

愛称 キショウ

カタカナ ヤノ キショウ

ラテン文字 YANO Kisho

基本情報

国籍 日本

生年月日

1984年4月5日(33歳)

出身地 静岡県浜松市

身長 187cm

体重 78kg

選手情報

在籍チーム アルビレックス新潟

ポジション FW / DF

背番号 19

利き足 右足

クラブ

年クラブ出場(得点)

2003-2005 柏レイソル

39(4)

2006-2010 アルビレックス新潟 152(30)

2010-2012 SCフライブルク

15(0)

2012 アルビレックス新潟 30(2)

2013-2016 名古屋グランパス 115(8)

2017- アルビレックス新潟 23(1)

代表歴

2007-2010 日本 19 (2)

引用:Wikipediaより

経歴

小学生時代はジュビロ浜北サッカースクール付属少年団に在籍。

中学生時代に在籍したヤマハジュビロSSではサイドバックを務めていたが、浜名高校在籍時にフォワードにコンバート。

2001年にはU-17日本代表としてU-17世界選手権に出場。

2002年は、ジュビロ磐田の強化指定選手に登録された。

高校卒業時には4クラブから誘われた中からJ1・柏レイソルに入団。

プロ1年目の2003年開幕戦から先発メンバーに抜擢されるなどリーグ戦18試合に出場した。

2004年、2005年のシーズン前半までなかなか出場機会がえられず。

6月にU-21日本代表としてトゥーロン国際大会に参加。この年に柏レイソルはJ2降格。

2006年、アルビレックス新潟に完全移籍。

2007年3月には日本代表に初招集され、国際Aマッチ初出場を果たした。

2009年はプロ入り後最多のリーグ戦8得点を記録した。2010年は副将に就任し、状況によりゲームキャプテンを務めることもあった。

5月10日、2010 FIFAワールドカップの最終登録メンバーにサプライズ選出される。新潟在籍選手としては初のW杯メンバーとなった。

6月14日にワールドカップ初出場を果たした。

2010年8月27日、ブンデスリーガのSCフライブルク公式サイトにて、同クラブとの契約が発表され、夢だった海外移籍を実現。

2010-11シーズンは主に途中投入で15試合に出場するも無得点に終わる。

翌2011-12シーズンは、ベンチ入りすることもままならず、2011年12月20日にクラブから戦力外通告を受けた。

2012年2月8日、古巣新潟への完全移籍での復帰が発表された。リーグ戦30試合出場したが主に途中出場で、得点も2得点でシーズンを終えた。

2013年、名古屋グランパスに完全移籍。

2014年からは守備陣に故障者が相次ぐチーム事情もあり、主に右サイドバックや右サイドハーフで起用されることが多くなった。

2017年より古巣・新潟に復帰。

2018年より登録ポジションをFWに変更した。

矢野貴章選手プレイスタイルは?

矢野貴章選手のプレイスタイルは長身を利した高さや身体を張ったプレーだけでなく、ドリブル突破、スペースへの飛び出しを得意とする。

また、豊富な運動量や前線からの守備が得意であり、チームの為に労を惜しまない選手である。

サイドバック、サイドハーフ、トップもできるので、ユーティリティな選手である。

シュートの精度が課題ではあったが今シーズンの働きを見る限り日々向上している。

ベテランに差し掛かっているが持ち前の能力プラス経験で新潟を引っ張っている。

矢野貴章選手年俸は?

矢野貴章選手の年俸は約3300万円ぐらいです。

2016年名古屋グランパスに所属している時には4000万円でした。2016年シーズン終了後に名古屋グランパスから30%減の2800万円で提示され金額的にも必要とされてないと感じアルビレックス新潟に移籍を踏み切っていました。

ベテランとしてチームに与える影響は少なくない。

代表も経験し海外でもプレイしていた選手なので金額的には妥当だろう。

矢野貴章選手結婚は?

矢野貴章選手はまだ結婚されていないみたいです。

いつかいいお相手が見つかるといいですね。

最後に

昨年はDF登録として23試合に1ゴールと活躍していた矢野貴章選手。

今季はポジションをFWに変更して4試合3ゴールとかなり当たっています。

このまま1年でJ1昇格へ勝ち星を積み上げていけるのか?

チームを引っ張るベテランの奮起に注目ですね。

今日はこの辺で。

ありがとうございました。