浦和に激震!!ACLでも活躍したラファエルシルバが中国へ!!

こんにちは。

ryuです。

先週の休みで初蹴りを終えて心身ともにスッキリしています。

もうみなさんは初蹴り終えましたか?正月に溜め込んだ脂肪をサッカーですっきり絞っていきましょう。

さて今日はこちらの記事です。

ラファエルシルバ移籍!浦和に激震!!

浦和レッズは18日、ラファエル・シルバの中国行きを発表した。

移籍補償金満額を支払いされ、本人の希望もあったそうだ。

17日に浦和が中国2部の武漢卓爾職業足球倶楽部からオファーを受け、メディカルチェックのためチーム離脱が決定。

これを受けて山道強化本部長は、

「やれることはやります。当然、移籍補償金があるわけですから、それに対して最大限の努力はしますし、選手、チームにも勝つために最大限の努力はすると伝えています。もちろん成就できるかはわかりませんが、ベストを尽くすし、努力をし続けます」

と話していました。

選手については

いろいろな選択肢を考えていますが2月24日が開幕に合わせて合流は早いほうがベスト!!

しかし、このレベルに満たない選手を数あわせでとっても意味がないので急がず慌てずにやらなければいけない!

と話していました。

開幕まであと1ヶ月少し。

ラファエルシルバの穴を埋める選手は獲得できるのか?注目が集まります。

今回浦和レッズの移籍情報です。

IN

DF 柴戸 海 ←明治大学

DF 橋岡 大樹 ←浦和レッズユース

DF 岩波 拓也 ←ヴィッセル神戸

MF 荻原 拓也 ←浦和レッズユース

MF 井澤 春輝 ←浦和レッズユース

MF 山田 直輝 ←湘南ベルマーレ

※レンタル復帰

MF 武富 孝介 ←柏レイソル

MF マルティノス ←横浜F・マリノス

OUT

DF 岡本 拓也 →湘南ベルマーレ

※レンタル延長

DF 茂木 力也 →モンテディオ山形

※レンタル延長

DF 田村 友 →アビスパ福岡

※レンタル終了

DF 那須 大亮 →ヴィッセル神戸

MF 井澤 春輝 →徳島ヴォルティス

※レンタル

MF 斎藤 翔太 →契約満了

MF 矢島 慎也 →ガンバ大阪

MF 駒井 善成 →コンサドーレ札幌

※レンタル

MF 梅崎 司 →湘南ベルマーレ

MF 伊藤 涼太郎 →水戸ホーリーホック

※育成型レンタル

FW 高木 俊幸 →セレッソ大阪

FW オナイウ 阿道 →レノファ山口FC

※レンタル

FW 石原 直樹 →ベガルタ仙台

※レンタルから完全

FW ラファエル シルバ →武漢卓爾職業足球倶楽部/中国2部

その中でも浦和レッズに帰ってきた山田直輝選手の復帰は大きいですね。

今日はその山田直輝選手を紹介していきます。

山田直輝選手はどんな選手?

山田 直輝(やまだ なおき、1990年7月4日 – )は、広島県広島市生まれ、埼玉県浦和市出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。Jリーグ、浦和レッズ所属。元日本代表。

名前 山田 直輝

愛称 ナオキ

カタカナ ヤマダ ナオキ

ラテン文字 YAMADA Naoki

基本情報

国籍 日本

生年月日 1990年7月4日(27歳)

出身地 埼玉県浦和市(現さいたま市)(広島県広島市生まれ)

身長 168cm

体重 66kg

選手情報

在籍チーム 浦和レッズ

ポジション MF

背番号 18

利き足 右足

ユース

2003-2005 浦和レッズジュニアユース

2006-2008 浦和レッズユース

クラブ

年 クラブ 出場 (得点)

2008- 浦和レッズ 50 (2)

2015-2017 →湘南ベルマーレ (loan) 67 (8)

代表歴2

2005-2007 日本U-17 8 (1)

2009 日本U-20

2009-2010 日本 2 (0)

引用:Wikipediaより

小学生の頃、北浦和サッカー少年団に在籍。

小学校6年時に選抜チームであるFC浦和で全日本少年サッカー大会で優勝。

中高生年代では、ジュニアユース、ユースと浦和レッズのアカデミーに所属。

ジュニアユース時の2005年には、高円宮杯U-15で優勝。

2006年から浦和レッズのサテライトにボランチとしてたびたび出場していた。

2007年8月に行なわれたU-17ワールドカップでは、U-17日本代表に選出され10番を背負い出場した。

2008年4月に、2種登録選手として浦和レッズのトップチーム登録。

17歳9ヶ月22日でJリーグデビューを果たした。

10月13日、高円宮杯第19回全日本ユースサッカー選手権 (U-18)で8得点を挙げ、得点王となった。

2009年、高橋峻希、濱田水輝、永田拓也とともにトップ昇格。

2009年5月21日、トップ昇格1年目にして日本代表に初選出された。

その後は度重なる故障に悩まされ、復帰しては再発して欠場するという流れを繰り返した。

チームもそれと共に調子を落とした。

2010年は代表でのケガや復帰後のケガに悩まされほぼ出場はなくシーズンを終える。

2011年、22番に背番号を変更。

シーズン当初は前年の故障の影響もありベンチが多かったが徐々にペースを取り戻しチームのJ1残留に貢献。

2012年、阿部の復帰に伴い、再び背番号を34番に変更。

3月20日のナビスコカップにて相手選手と接触して左膝前十字靭帯を損傷。全治約6ヶ月と診断された。

12月に高校時代から交際していたさいたま市在住の一般女性と入籍した。

2015年、湘南ベルマーレへ1年間の期限付き移籍。

2017年12月7日、浦和レッズへ4年ぶりに復帰することが決まった。

山田直輝選手プレイスタイルは?

運動量が豊富で並外れたテクニックとイマジネーションが豊かな選手。

ゴールに繋がるプレイ、攻撃のスイッチを入れられるプレイヤー。

ただ体格的に大きくはないのでフィジカルやケガにはずいぶん悩まされてきた。

ただ湘南に移籍してからそこはひとまわりもふたまわりも成長しているので期待したい。

プレイスタイルは浦和とも合うと思うので楽しみですね!!

山田直輝選手年俸は?

山田直輝選手の年俸は2016年までは以下の通りです。

2016年 (27歳)→湘南ベルマーレ 1200万円

2015年 (26歳)→湘南ベルマーレ 1500万円

2014年 (25歳)→浦和レッズ 1500万円

2013年 (24歳)→浦和レッズ1000万円

2012年 (23歳)→浦和レッズ1000万円

実力、ポテンシャルを考えるともっともらえるだけの実力は持ち合わせている。

今後も年収アップはあるでしょう。

山田直輝選手結婚は?

山田直輝選手は高校時代から交際している一般女性と結婚されています。

長女もいるそうで幸せな家庭を築いているみたいですね。

奥さんはかなりの美人と噂になっています。

地元の埼玉に戻ってきたので親も喜びそうですね。

最後に

湘南ベルマーレで成長してJ1昇格に貢献した山田直輝選手が浦和レッズに戻ってきました。

素晴らしいテクニックにダイレクトパス。豊富な運動量は必ずや今の浦和レッズを助けてくれるだろう。

埼玉スタジアムで成長した彼を早く見たいですね。

まだまだ若い選手なので活躍次第では代表も狙えると思います。

今年は勝負の年ですね!!

開幕が楽しみです。

今日はこの辺で。

ありがとうございました。