We are REDS! ACLで浦和が10年ぶり決勝進出、フッキ、オスカル擁する上海上港を撃破!!

こんにちわ!

ryuです。

台風も去りすっかりいい天気になりましたね!お出かけ日和ですね。

浦和レッズvs上海上港、絶対に負けられない戦い!!

浦和レッズは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準決勝2ndレグでホームに上海上港(中国)を迎え撃ち、1-0で勝利した。この結果、2戦合計2-1とした浦和の2007年以来となるファイナル進出が決定している。

1stレグ 浦和レッズ1-1上海上港

2ndレグ 浦和レッズ1-0上海上港

2戦合計 浦和レッズ2-1上海上港

10年ぶりの決勝進出を果たした。Jリーグ勢においては、ガンバ大阪以来、9年ぶりとなる。

勝ち上がった浦和の決勝の相手は、西地区の準決勝でペルセポリス(イラン)を退けたアル・ヒラル(サウジアラビア)。アジア王者を懸けた決勝戦は、11月18日に1stレグ、25日に2ndレグのホーム&アウェイ方式で行われる。

平日開催ながら4万人以上の観客を集めたこの試合。

試合後、浦和を率いる堀孝史監督が会見にてこう語った。

試合を振り返り、守備への手応えを語るとともに、選手、ファン・サポーターへの感謝を述べた。

堀孝史監督(浦和レッズ)

「厳しい戦いでしたが、選手たちが本当によく走って戦ってくれました。そのことに対して感謝したいと思います」

「それと平日にも関わらず、多くのファン・サポーターの方が、自分たちを後押ししてくれたことにも感謝したいです」

では浦和レッズを熱く支持するサポーターは、いったいどのような存在なのでしょうか?

浦和レッズを熱く支持するサポーターとは?

2017年10月10日浦和レッズサポーターがfoxsportsが選ぶ

「熱狂的なサポーターを持つ世界5クラブ」に選ばれました。

他クラブ(リバープレート、ガラタサライ、リバプール、バルセロナ)

浦和レッズサポーターが世界にも認められたことがすごく光栄なことですね。

浦和レッズはJリーグ屈指の人気クラブとしても知られており、サポーター数もかなりの数になると思われます。

ホームゲームで6万人を収容することができる本拠地埼玉スタジアム2002を常に満員にすることができることからも、その人気ぶりを知ることができるでしょう。

選手にとって満員のスタジアムで声援を受けることができるということは非常に大きなことでありますので、このように人気を支えているサポーターの存在はチームにとって非常に大きなものになっているのです。

熱狂的な応援が特徴

浦和レッズサポーターは単純に数が多いというだけではなく、非常に熱狂的な応援をしていることでも知られています。

サッカーの応援には、チャントと呼ばれる応援歌があり、クラブによって違いを見せていることが特徴なのですが、浦和レッズは特に力強い応援をしていることでもしばし話題に上ります。 ホームはもちろんアウェイでもその勢いは変わらず、ホームのクラブのサポーターにも負けない声援を送っていることでも定評があります。

一方で問題も?

数が多く熱狂的な浦和サポーター。

その反面、サポーターが発端となった問題も数多く存在し、サッカーファン以外からも社会的に問題視される行動があり、その度を越した行動が度々世間を騒がせてきました。

サポーター同士であったり、他クラブのサポーター、時にはレッズに所属している選手と衝突を起こした過去もあります。これによりレッズ自身が制裁を科せられていることもありますので、今後サポーター全員で改善を目指していくことが求められてくるでしょう。

さいたまダービーは熱い試合に!!

浦和レッズは埼玉県さいたま市のクラブですが、さいたま市には大宮アルディージャというもう一つのクラブも存在します。

もともと近くに所在しているクラブ同士の試合はダービーという大きな戦いになるのですが、浦和と大宮はもともと離れていた大きな都市がひとつになったという過程を踏んでいますので、競争意識も非常に高いのです。

このような背景もあり、浦和サポーターと大宮サポーターはお互いに対抗意識をもって声援を送っています。

今後もJリーグの象徴的な存在に

浦和レッズが上位争いを展開し、サポーターも高い存在感を誇っているという現状から、今後もレッズサポーターはJリーグを彩る存在として全体を引っ張っていくことが予想されます。

問題視される面が存在することも事実ですが、マイナスになる面を減らしていき、本来の良さである熱い応援で試合やチームを盛り上げていって貰いたいところです。

浦和レッズ今後の浮沈に関しては、サポーターの応援・声援が重要になってくことは間違いないでしょう。

静止画の状態でも観客席を真っ赤に染めるレッズサポーターの存在感は、Jリーグ全体を見渡しても突出しております。 レッズサポーターが今後どのような行動を見せるのかということは、サッカーファンには大いに注目されていることでしょう。

実際行ってみるとすごく一体感があり熱いサポーター。ぜひ足を運び体感してみてください。

私もちなみに浦和レッズファンです。

スタジアムに行けないと言う人はまずは浦和サポーターが集まる居酒屋力へ。

熱狂的な応援が日本一、いやアジアナンバーワンとも言われている浦和レッズサポーター。彼らが集う居酒屋「酒蔵 力 浦和本店」がJR浦和駅近くにあります。この店は、信州から直送される新鮮な肉を用いているので、串焼きや刺身そしてホルモンまで幅広い肉料理が味わえる居酒屋です。

赤と言えば浦和レッズ!ということで「レッズサワー」と名付けられたドリンクがあります。北海道産の赤シソを丸ごと絞って作ったお酒で、後味がスッキリしているので何杯でも飲めてしまいます。これを飲んで、あなたも「酒蔵 力」デビュー!

浦和レッズのサポーターも、そうではない人も一度はぜひ訪れてみてください。美味しい肉料理とお酒を片手に、浦和レッズを応援しましょう。食事とお酒をたっぷりと楽しめるので、スタジアムへ行かず酒蔵 力へ直接訪れるという人も多いんですよ。ここに行けばサッカー好きの仲間が増えるかもしれませんね。

We are REDS!!