浦和レッズACL制覇へ1歩前進。GK西川が躍動。浦和レッズがAGを持ち帰ってのドロー。

おはようございます。

ryuです。

Jリーグも佳境に入ってきましたね。

なんと私の出身の長崎のチームでV・ファーレン長崎が来年からJ1にあがります。また記事にしますが嬉しいことですよね。

今日は今1番注目のこちら。

浦和レッズvsアルヒラル気になる結果は!!

浦和レッズは18日、

キングファハドスタジアムでおこなわれたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦でアルヒラル(サウジアラビア)とのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けて貴重なアウェイゴールを奪ってACL制覇へ前進した。

浦和レッズスターティングイレブン

GK

西川周作

DF

遠藤 航

阿部勇樹

槙野智章

宇賀神友弥

MF

青木拓矢

ラファエル・シルバ

柏木陽介

長澤和輝

武藤雄樹

FW

興梠慎三

アルヒラルスターティングイレブン

GK

アブドゥラー アルムアイフ

DF

モハンメド アルブライク

ヤシル アルシャハラニ

オサマ ハウサウィ

モハンメド ジャハファリ

MF

カルロス エドゥアルド

サルマン アルファラジ

アブドゥラー オタイフ

ニコラス ミレシ

サレム アルダウサリ

FW

オマル ハルビン

浦和レッズ1-1アルヒラル

得点

前半7分 ラファエルシルバ(浦和レッズ)

前半37分 オマルハルビン(アルヒラル)

アジア王者を懸けて西アジアと東アジアのクラブが激突。Jリーグ勢の浦和が10年ぶりのアジア王者に輝けるか注目だ。

サウジの名門アルヒラル!

サウジの名門、アル・ヒラルを率いるのは元Jリーガー

ラモンディアスだ。アルゼンチン代表としても活躍し横浜マリノス(横浜Fマリノス)でプレーをしていた。

アルヒラルは昨シーズンは国内2冠を達成。ACLでも決勝へとチームを導いた手腕はさすがである。

西アジアの予選を勝ち上がってきたアルヒラルは、サウジアラビアの首都リヤドをホームとするチーム。サウジアラビアリーグ最多となる14回の優勝を誇る名門で、今シーズンもリーグ戦でアルアハリと勝ち点で並ぶ2位につけている。

組織的で非常にいいチームで個人の能力も高い。

柔軟性もあり要注意だ!

エースのハルビン選手は得点能力にすぐれており注目の選手です。今大会9点を決めていて得点ランキング1位です。ちなみに3位もアルヒラルの選手でカルロスエドュアルド選手が7点決めています。

ACLの前身であるアジアクラブ選手権では1992年、2000年と2度の優勝を経験しており、17年ぶりのアジア制覇を目指している。

10年ぶりのアジア制覇へ挑む浦和レッズ

東アジアの予選を勝ち上がったのは、浦和レッズだ。準決勝ではブラジル代表FWフッキや同代表MFオスカルらを要する上海上港(中国)を撃破。ラウンド16の済州ユナイテッドFC戦、準々決勝の川崎フロンターレ戦と厳しい戦いを勝利して決勝進出とあって、このままアジアを制したいところだ。

難関のアウェイをドローで引き分けたことにより浦和レッズの優勢であることは確実だ。

2戦目は出場停止のDFマウリシオ・アントニオも戻り本来の守備の形になる。

万全の状態でホームを迎えられそうだ。

そしてなんと言っても埼玉スタジアム2002を埋め尽くすサポーターの応援も心強いだろう。

サポーターの声援を後押しにしてホームで優勝して欲しいですね

大活躍の西川周作とはどんな人物か?

西川 周作(にしかわ しゅうさく、1986年6月18日 – )は、大分県宇佐市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはゴールキーパー。日本代表。

西川 周作

愛称 シュウ、シュウサク

カタカナ ニシカワ シュウサク

ラテン文字 NISHIKAWA Shusaku

基本情報

国籍 日本

生年月日 1986年6月18日(31歳)

出身地 大分県宇佐市

身長 183cm

体重 81kg

選手情報

在籍チーム 浦和レッドダイヤモンズ

ポジション GK

背番号 1

利き足 左足

引用:Wikipediaより

西川選手プレースタイルは?

しっかりとポジションをとり、1対1の対応も冷静で判断力に優れている素晴らしいGKだと思います。レッズは彼の加入によって守備力が上がったことは間違いありません。

なによりフィールドプレイヤー並みの足元のうまさとキックの精度が素晴らしい

パントキック(GKが手に持った状態から蹴るキック)やプレースキック(試合が止まった状態から地面に置かれたボールをける)などキック精度はおそらく今の日本人の中でもナンバーワンでしょう。西川選手は正確で弾道の低く速いボールを蹴れるGKです。

このタイプのGKは他にはなかなかいないと思います。

カウンターサッカーに最適で今の代表でも1つの武器になると思います。

西川選手の年俸は?

西川選手の年俸ですがJリーグのGKの中で1番の1億円と言われています。

さすがの高年俸ですね。

浦和レッズはJリーグの中でも年俸が高い方だと言われています。

これからもあげていくのか注目の所ですね。

2011年 西川 周作(25歳)

3200万円

2012年 西川 周作(26歳)

4500万円

2013年 西川 周作(27歳)

5000万円

2014年 西川 周作(28歳)

浦和レッズ 8000万円

2015年 西川 周作(29歳)

浦和レッズ 8000万円

2016年 西川 周作(30歳)

浦和レッズ 8000万円

2017年 西川 周作(31歳)

浦和レッズ 1億円

西川選手は結婚してる?子供は?

西川選手は、21歳のときに結婚しました。

お相手は、4歳年上の福田亜美さんという女性だそうです。

代表合宿中に発表したようで、新妻に電話で指示しながら手続きしたようです。

「付き合い始めた記念日にこだわった」とこの日に決めたようですが思い出を大切にしているとこが素敵ですね。

左ひざ後十字靱帯(じんたい)損傷で全治2カ月の重傷を負った時も、亜美さんの支えがプラスになったようです。

そして北京五輪の時に「責任を持って戦いたい」と結婚を決意したようです。

子供は、2人いるみたいです。

サッカー選手としてもプライベートも順調ですね。

最後に

最近は川島に代表の座を奪われ代表からも遠ざかっていましたが欧州遠征で久々に代表に呼ばれました。

パフォーマンスがあがっていると認められたんですね。

ACL2レグを勝って優勝して世界ワールドカップに出場していい形でアピールしていってほしいですね。

運命の第2レグは11月25日、埼玉スタジアム2002でキックオフされる。

今日もありがとうございました。