充実の補強で目指すは一桁!!城福監督を迎えサンフレッチェ広島再起なるか!

こんにちは。

ryuです。

土曜日いかがお過ごしの予定ですか?

私はカフェやスパに行ってリフレッシュの時間にあてる予定です

さて今日はこちらの記事です。

充実の補強をしたサンフレッチェ広島!!城福体制で今季巻き返しなるか!!

2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初の金曜開催の23日を皮切りに幕を開けました。

今日はサンフレッチェ広島を紹介します!!

2017年→15位

昨シーズンヤン・ヨンソン監督に率いられたチームは、終盤の2度の連勝などで15位に浮上し薄氷の残留を手にした。

今季は城福浩新監督を迎え、再起を図らんとする新シーズンは、去年までの主力をキープしつつ、新たに即戦力となり得る実力者を獲得している。

気になるのは城福監督の手腕だが、これまでアンダー世代の日本代表やヴァンフォーレ甲府、FC東京の監督を歴任しており、甲府では就任1年目でJ2優勝に導いた実績を持つ。

ボールも選手も連動して動かしていく サッカーを基本戦術とし、プレシーズンマッチでも勝利を重ねており、新戦力も好調を維持。城福監督は、選手起用に頭を悩ますことになりそうだ。

サンフレッチェ広島移籍情報!!

【IN】

DF和田拓也(27)←大宮アルディージャ/完全

DF馬渡和彰(26)←徳島ヴォルティス/完全

MF吉野恭平(23)←京都サンガF.C./期限付き復帰

MF川辺駿(22)←ジュビロ磐田/期限付き復帰

MF川井歩(18)←サンフレッチェ広島ユース/昇格

MF川村拓夢(18)←サンフレッチェ広島ユース/昇格

FWティーラシン(29)←ムアントン・ユナイテッド(タイ)/期限付き

FW渡大生(24)←徳島ヴォルティス/完全

【OUT】

DFイヨハ理ヘンリー(19)→FC岐阜/期限付き

DF椋原健太(28)→セレッソ大阪/期限付き移籍期間満了

DF川崎裕大(25)→横浜FC/完全

DF大谷尚輝(22)→FC町田ゼルビア/完全

MF長沼洋一(20)→FC岐阜/期限付き

MFミキッチ(37)→湘南ベルマーレ/完全

MF茶島雄介(26)→ジェフユナイテッド千葉/期限付き

MF丸谷拓也(28)→大分トリニータ/完全

FWネイサン・バーンズ(29)→ウェリントン・フェニックス(オーストリア)/完全

FWアンデルソン・ロペス(24)→FCソウル(韓国)/期限付き移籍期間満了

FW宮吉拓実(25)→北海道コンサドーレ札幌/完全

FW皆川佑介(26)→ロアッソ熊本/期限付き

FWピーター・ウタカ(33)→未定/契約満了

今回の補強はディフェンスからオフェンスまで満遍なくおこなったかと思います。

昨季、得点不足に陥った最前線には、徳島ヴォルティスで23得点を挙げ、昨季のJ2で日本人得点王になったFW渡大生とタイの英雄FWティーラシンを獲得。

開幕戦でさっそく決めてくれましたね。

また、ムービング・フットボールを掲げる城福監督のサッカーにおいて肝となりそうなインサイドハーフには、3年間の期限付き移籍をしていたジュビロ磐田からMF川辺駿を呼び戻した。

ディフェンスラインは長年広島ディフェンスを支えてくれているDF水本裕貴とDF千葉和彦がいるが年齢的なことを考えると今後、替わりとなる選手が欲しいところですね。

新戦力の活躍、城福監督の手腕がJ1上位進出の鍵となりそうですね。

いいスタートがきれて本当によかったです。

サンフレッチェ広島の第二節は3月4日、アウェイで浦和レッズと対戦します。

今日は開幕戦でゴールを決めたタイの英雄ティーラシン選手をピックアップ!!

ティーラシン選手とはどんな選手?

ティーラシン・デーンダー[1](英: Teerasil Dangda、タイ語: ธีรศิลป์ แดงดา、1988年6月6日 – )は、タイ・バンコク出身のサッカー選手。Jリーグ・サンフレッチェ広島所属。タイ代表。ポジションはフォワード。

名前  ティーラシン・デーンダー

愛称 Mui

カタカナ  ティーラシン・デーンダー

ラテン文字

Teerasil Dangda

タイ語

ธีรศิลป์ แดงดา

基本情報

国籍 タイ

生年月日 1988年6月6日(29歳)

出身地 バンコク

身長181cm

体重 75kg

選手情報

在籍チーム サンフレッチェ広島

ポジション FW

背番号 31

利き足 右足

ユース

2003-2005 アサンプション・U(英語版)

2005 ロイヤル・タイ・エアフォース

クラブ

年クラブ出場(得点)

2005 ロイヤル・タイ・エアフォース6(3)

2006 ラパチャ18(9)

2007 ムアントン・ユナイテッド15(7)

2007-2008 マンチェスター・シティ0(0)

2008→ グラスホッパーズ II (loan)7(2)

2008 ラパチャ8(6)

2009- ムアントン・ユナイテッド257(116)

2014-2015

→アルメリア (loan)6(1)

2018-→ サンフレッチェ広島 (loan)

代表歴

2002-2004 タイ U-17 11(7)

2005-2006タイ U-19 7(9)

2006-2010 タイ U-23 13(3)

2007- タイ91(42)

引用:Wikipediaより

経歴

1988年6月6日にバンコクで誕生したティーラシンは、元サッカー選手の父親の影響を受け、7歳から4歳年下の妹(後にタイ王国女子代表選手となるTaneekarn Dangda)と一緒にサッカーを始めた。

2005年、ロイヤル・タイ・エアフォースFCに入団した。ユースチームからファーストチームに昇格すると、レギュラーの座を獲得した。

2007年、タイ・ディヴィジョン1リーグのムアントン・ユナイテッドFCに移籍した。同年、タイ王国代表に選出され、10月8日に行われた2010 FIFAワールドカップ・アジア予選(1次予選)のマカオ戦で代表初ゴールを記録した。

2007年11月、プレミアリーグのマンチェスター・シティFCに移籍した。

しかし、労働許可証の問題により、スイスのグラスホッパー・クラブ・チューリッヒに期限付き移籍した。

2008年6月にマンチェスター・シティFC復帰後もビザの問題は解決されず。

ティーラシンはファーストチームで出場機会がなかった。

2009年、タイ・プレミアリーグのムアントン・ユナイテッドFCに復帰。

同年にプレミアリーグ初優勝、2010年には2連覇を達成した。

2012年は24ゴールを記録し、ムアントン・ユナイテッドFCを3回目の優勝に導くと共にプレミアリーグ得点王に輝いた。

2013年1月、プリメーラ・ディビシオンのアトレティコ・マドリードの練習に参加。

2014年7月にプリメーラ・ディビシオンのUDアルメリアに期限付き移籍することが発表。

期限付き移籍期間は2014-2015シーズンの1年間で買い取りオプションが付いている。

2015年1月にムアントンに復帰。

当初に予定されていたレンタル期間より半年早くチームを去ることになった。

2017年12月、サンフレッチェ広島に期限付き移籍することが発表された。

ティーラシン選手プレイスタイルは?

ティーラシン選手の特徴は

身長が高くボディバランスがいいのでポストプレーや相手のマークを外す動きや背後への飛び出しを得意とするプレーヤーです。

典型的なFWですね。

また左右両足のミドルシュートやパスも得意とするので敵にしたらかなりやっかいな選手ですね。

ゴールパターンも豊富なのでサンフレッチェ広島の攻撃パターンが増えるかもしれないですね。

問題は戦術理解と守備の所ですかね!!

ただ実力者なのは間違いないのでJの舞台で暴れてくれるのを楽しみにしています。

ティーラシン選手年俸は?

ティーラシン選手の年俸は約2810万円です。

年末までの契約になります。

ティーラシン選手はタイの英雄と言われるぐらいの絶大なる人気があります。

経済効果もあり、観戦客が増加する可能性もありますね。

ティーラシン選手スパイクは?

ティーラシン選手のスパイクは

ナイキ マーキュリアルスーパーフライVのオールブラックのアカデミーパックカラー

です。

なにを隠そうこちらのスパイクはシーズン開幕前のキャンプやプレシーズンマッチでも使用。

そして2月24日のJ1第1節

サンフレッチェ広島 vs コンサドーレ札幌の一戦でゴールを決めたスパイクになります。

ティーラシン選手は履き口をミッドカットにして着用しています。

今は色々なカラーのスパイクがありますがやはりオールブラックもかっこいいですね。

タイの英雄と同じスパイクを履きたい、気になったかたはぜひ試してみてくださいね。

ティーラシン選手結婚は?

ティーラシン選手は結婚していて息子が一人います。

タイの英雄と言われる方の奥さんはプレッシャーがかかりますね。

でも幸せな家庭を築いているようでよかったです。

英雄と言われる理由は??

ムイことティーラシン選手がなぜ、国民的英雄と称されるほどまでに注目されているのだろうか?

それはタイサッカー界で唯一無二の存在であるからだ。

彼が残してきた功績によるところは大きい。

国際Aマッチでの91試合出場・42ゴールと輝かしい成績もさることながら、プレミアリーグ在籍(マンチェスター・シティ)やスペインのラ・リーガ(アルメリア)でのプレー経験も持つ、タイの絶対的アイコンだからだ。

あのチャナティップ(北海道コンサドーレ札幌)でさえも、ムイの前では恐縮すると聞いたことがある。

所属していたムアントン・ユナイテッドでも、タイ王国代表でも、10番を背負い、ファンは

「God(神)」

と呼ぶ。

そこら辺からティーラシン選手の立ち位置がわかるだろう!!

最後に

タイの英雄と言われるティーラシン選手。

海外生活はなれているのできっと日本にも順応できるだろう。

開幕戦でゴールを決めたことからこれからの活躍を期待しちゃいますね。

広島躍進の鍵となれるのか?

今季は目がはなせませんね。

今日はこの辺で。ありがとうございました。