神戸主将にルーカス・ポドルスキ!!外国籍選手の主将はクラブ史上2人目!!

こんにちは。

ryuです。

今日はバレンタインでしたね。チョコ大好きな私としては毎年楽しみな1日になります。

来週からいよいよJリーグ開幕になりますのでこちらも楽しみですね。

さて今日はこちらの記事です。

ポドルスキが神戸二人目の外国籍キャプテンに就任!!

ヴィッセル神戸は2日、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)の2018シーズンにおけるチームキャプテン就任を発表した。

外国籍選手の主将就任は、2015年の韓国代表MFチョン・ウヨン(28)以来2人目となる。

また、ルーカス・ポドルスキをサポートする副主将は、DF渡部博文(30)、チョン・ウヨン、FW小川慶治朗(25)の3選手が務める。

今年で吉田孝行体制2シーズン目を迎える神戸。2018シーズンは、AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得を狙う。

躍進に期待が集まる神戸は23日、明治安田生命J1リーグ開幕節でサガン鳥栖との開幕戦に臨む。

今日はそんなポドルスキ選手を掘り下げます。

ポドルスキ選手はどんな選手?

ルーカス・ポドルスキ(独: Lukas Podolski, 本名 : ルーカス・ヨーゼフ・ポドルスキ, 独: Lukas Josef Podolski, 1985年6月4日 – )は、ドイツのサッカー選手。ポーランド・グリヴィツェ出身のポーランド系ドイツ人。Jリーグ・ヴィッセル神戸所属。元ドイツ代表。ポジションは主にフォワードを務めるが、サイドハーフやトップ下としてもプレーする。愛称はポルディ。

名前 ルーカス ポドルスキ

本名

ルーカス・ヨーゼフ・ポドルスキ

Lukas Josef Podolski

愛称

ポルディ (Poldi)

プリンツ・ポルディ (Prinz Poldi)

ラテン文字

Lukas Podolski

ポーランド語

Łukasz Podolski

基本情報

国籍

ドイツ ポーランド

生年月日

1985年6月4日(32歳)

出身地

ポーランド・グリヴィツェ

身長

180cm

体重

80kg

選手情報

在籍チーム ヴィッセル神戸

ポジション

FW / MF

背番号

10

利き足

左足

ユース

1991-1995 ユーゲント07ベルクハイム

1995-2003 ケルン

クラブ

年クラブ出場(得点)

2003 ケルンII2(0)

2003-2006 ケルン81(46)

2006-2009 バイエルン・ミュンヘン71(15)

2007-2008 バイエルン・ミュンヘンII2(0)

2009-2012 ケルン88(33)

2012-2015 アーセナル60(19)

2015→ インテル・ミラノ (loan)17(1)

2015-2017 ガラタサライ56(20)

2017- ヴィッセル神戸15(5)

代表歴

2001-2002ドイツ U-176(2)

2002-2003ドイツ U-187(4)

2003 ドイツ U-193(6)

2004 ドイツ U-215(0)

2004-2017 ドイツ130(49)

引用:Wikipediaより

ポドルスキ選手プレイスタイルは?

ポドルスキ選手の長所は左足から放たれる強力なシュートが持ち味です。

またスピードを生かした縦への突破から決定的なパスを出したりチャンスメイク能力も高い。

ポジションはセンターフォワード、トップ下、左右のサイドハーフを務めることが可能。

ただ本人は中央でのプレーが最適と考えている。

短所は守備意識が低くディフェンスを疎かにする傾向がある。

典型的なストライカーである。

ただワールドカップ三度出場は伊達ではないです。

そのプレイをJリーグでも見せてほしいですね。

ポドルスキ選手スパイクは?

ポドルスキ選手のスパイクは

アディダス F50 Adizero 2014 Samba

である。

特注のスパイクらしく日本の人気漫画、キャプテン翼の大ファンであるがために右足には大空翼、左足には日向小次郎の顔が描かれた『キャプテン翼』仕様である。

実はかねてより『キャプテン翼』のシンガード(すね当て)を愛用していた。

シンガードには日向小次郎が描かれているらしい。

その理由は「自分と似ている選手。利き足が違うだけで、すごく似ていると思う」と語っている。

スパイクやシンガードまでキャプテン翼使用にしていることからその思いは間違いなく本物ですね。

このスパイクはJリーグデビュー戦に履かれている。本人も2ゴール決めており最高のデビュー戦になったのは間違いないだろう。

ポドルスキ選手年俸は?

神戸でのポドルスキの年俸は約6億円+出来高と言われています。

今までJリーグの最高年俸は1位・フォルランの3億4650万円(2014年・セレッソ大阪)、2位・リネカーの3億円(1994年・名古屋グランパス)とされている。

これでポドルスキがJリーグ歴代最高年俸でぶっちぎりの1位になった。

いかにポドルスキの評価が高いかがわかりますね。

出来高をプラスしたら10億に届くとの報道もあります。

それだけ払えるクラブはJリーグではなかなかないだろう。

ポドルスキ選手結婚は?

ルーカス・ポドルスキ選手には奥さんと長男、長女がいます。

2004年より交際を始め2008年4月に一児をもうけた。

2011年4月に入籍し、同年6月にポーランドのカミオンナという村の教会で結婚式を行った。

奥さんの名前はモニカ・ポドルスキさん。めちゃくちゃ美人です!

サッカー選手にはやはり美人が集まりますね。

ワールドカップで活躍していた選手ならなおさらですね。

子供は、8歳の長男ルイス君と、9カ月の娘マヤちゃんで子供は神戸にあるドイツ人学校へ通わせているそうです。

家族で移住してくれて嬉しいですね。

日本の文化、料理に早くなれるといいですね。

ポドルスキ選手性格は?

日常生活ではジョークを言ったり人をからかったり愉快な人みたいです。

チームのムードメーカー的な人物です。

ただ試合になると審判に見えないところで相手を挑発したりすることがある。

少し気性の荒いタイプである。

最後に

元ドイツ代表でワールドカップで三度出場し優勝を経験しているポドルスキ選手。

まだ32歳で現役としても成熟している時期になる。

こういう経験豊富なワールドクラスの選手が日本にきてくれるだけで選手達が刺激をうけて日本のサッカーのレベルも間違いなくあがるだろう。

神戸で今シーズンからキャプテンとして頑張ってほしいですしどんなキャプテンシーを発揮してくれるのか楽しみですね。

チームはタイトルをとれるのか?また得点王なんかにも期待したいですね。

開幕は近いです。

では今日はこの辺で。

ありがとうございました。