心機一転を図るFC東京!! 長谷川体制始動!!

こんばんは。

ryuです。Jリーグが今週から開幕ですね。

いよいよ新シーズンが始まります。

楽しみしかないですね。

さて今日はこちらの記事です。

FC東京始動!長谷川新体制で昨年の巻き返しなるか!!

2018シーズンのJ1リーグが史上初の金曜開催の23日に幕を開ける。

今日はFC東京を紹介します。

2017年→13位

2017シーズンは川崎から大久保選手を獲得するなどリーグ屈指の大型補強を行い優勝候補に名乗りを上げたが、最後までポテンシャルを発揮することなく、終わってみれば13位。

仕切り直しを図る新シーズンに向けては、6度のタイトル獲得にチームを導いた長谷川健太監督を迎え、新体制発表会でも優勝を掲げていた。

大久保嘉人選手、FWピーター・ウタカ選手と、昨シーズンそれぞれ8得点でチーム内得点王となった2選手が退団していることもあり、攻撃の構築には時間がかかるとみられる。

FC東京補強は次の通り

【IN】

MF大森晃太郎(25)←ヴィッセル神戸/完全

MF品田愛斗(18)←FC東京U-18/昇格

FW富樫敬真(24)←横浜F・マリノス/期限付き

FWディエゴ・オリヴェイラ(27)←柏レイソル/期限付き

FW原大智(18)←FC東京U-18/昇格

FW矢島輝一(22)←中央大学/新加入

【OUT】

DF徳永悠平(34)→V・ファーレン長崎/完全

MFユ・インス(23)→アビスパ福岡/期限付き

MF野澤英之(23)→愛媛FC/期限付き

MF佐々木渉(21)→カマタマーレ讃岐/完全

MF石川直宏(36)→引退

FW大久保嘉人(35)→川崎フロンターレ/完全

FWピーター・ウタカ(34)→サンフレッチェ広島/期限付き満了

即戦力としての補強はMF大森晃太郎、FW富樫敬真、FWディエゴ・オリヴェイラになります。

しかし林彰洋選手、森重真人選手、太田宏介選手や東慶吾選手、高萩洋次郎選手、永井謙佑選手、前田遼一選手、そして今若手の中で一番の注目株の久保建英選手もいる。

日本代表にも名を連ねたこともあるポテンシャルの高いメンバーは揃っているので問題ないように思います。

ただ大久保嘉人選手、ピーター・ウタカ選手といったスコアラーや、石川直宏、徳永悠平の両ベテランが抜けた精神的な穴は大きい。

変わりに入ったディエゴオリヴェイラ選手に得点力を期待したいところですね。

目標は得点50点、ACL出場権争いと語っていた。

新キャプテンにはDFチャン・ヒョンスが任命される可能性は高い。

そんな今日は私の注目している太田宏介選手について紹介していきます。

太田宏介選手とはどんな選手?

太田 宏介(おおた こうすけ、1987年7月23日 – )は、東京都町田市出身のサッカー選手。J1リーグ・FC東京所属。元日本代表。ポジションはディフェンダー(DF)。

名前 太田宏介

愛称 こうちゃん、コースケ

カタカナ オオタ コウスケ

ラテン文字 OTA Kosuke

基本情報

国籍 日本

生年月日

1987年7月23日(30歳)

出身地

東京都町田市

身長

178cm

体重

78kg

選手情報

在籍チーム FC東京

ポジションDF (LSB, CB) /

MF (LWB)

背番号6

利き足

左足

クラブ

年クラブ出場(得点)

2006-2008 横浜FC49(0)

2009-2011 清水エスパルス85(2)

2012- 2015 FC東京112(7)

2015-2017 フィテッセ26(0)

2017-FC東京32(1)

代表歴

2007日本 U-20

2010-2015 日本7(0)

引用:Wikipediaより

経歴

5歳の時にサッカーを始める。幼少時から母と兄との3人暮らしで中学3年生時に両親の離婚成立。

兄と共に将来の母孝行を誓った。

2004年、国体選抜に選出され、当時日本代表で活躍していた三都主アレサンドロを目標に挙げていた。

第83、84回全国高校選手権大会に出場。

2005年、ベガルタ仙台の練習に参加。元日本代表左SBの都並敏史仙台監督がフロントへ推薦したものの、別の高卒SBの獲得が決まっていたため加入は見送られたが憧れのFW三浦知良が所属し、自身も練習生としてトレーニングに参加していた横浜FCからのオファーを受け、プロ入りを決めた。

2005年12月、翌2006年からの横浜FC入団が発表された。

2006年6月、J2第20節山形戦でプロデビュー。

2007年、カナダで開催されたFIFA U-20ワールドカップに臨むU-20日本代表に選出される。

同大会ではナイジェリア戦に左SBとして先発フル出場し、グループリーグ首位通過に貢献した。

2008年はSBの不動の地位を確立した。

オフには清水エスパルス、サンフレッチェ広島、大宮アルディージャからオファーを受け清水エスパレスに移籍を決めた。

理由はJリーグベストピッチ賞に選ばれている日本平スタジアムでプレーしたいという希望もあったからである。

2009年、左サイドからの高精度クロスを武器にポジション争いを制して左SBのレギュラーに定着。

2010年1月のAFCアジアカップ最終予選・イエメン戦にA代表として招集され、先発フル出場。国際Aマッチデビューを飾った。

2011年は、チーム最長となるリーグ戦全試合に出場する一方でDFながら無警告を達成し、Jリーグアウォーズで優秀選手賞。

及びフェアプレー賞を受賞。

8月に札幌でおこなわれた日本代表候補のトレーニングキャンプにも招集された。同年オフには清水から契約延長を要請される中、オランダ・FCトゥウェンテ、FC東京、浦和レッズから獲得の打診を受け争奪戦となった。

2012年、運動量と突破力を評価されFC東京に完全移籍。この年はケガに悩まされたが2013年にかけて復調。

プレースキッカーも任され、高精度のFKによるアシストの量産と自身初となるリーグ戦での複数得点を記録。優秀選手賞にも選出された。

2014年はリーグ戦全試合フル出場、リーグ最多のクロス、10アシストを記録し、自身初のJリーグベストイレブン選出。

同年10月にはキリンチャレンジカップに臨むA代表に選出され代表復帰。

2015年Jリーグ史上初となるDF登録選手としての2年連続二桁アシストを達成し、通年ではJ1最多の13アシストを記録。

昨年に続きリーグベストイレブンを受賞した。

2015年12月、「熱心に自分のことを追いかけてくれた」というオランダ1部リーグ・フィテッセへの完全移籍を発表。

2016年1月より合流し、同シーズンは出場停止を除く全試合に出場した。

2016-2017シーズンは、新監督になったこともありカップ戦要員になっていたが

シーズン半ばにはフレーザーの信頼を勝ち取りレギュラーに復帰。プレースキッカーも務めた。

同年末、古巣FC東京からオファーを受け退団を決断。

2017年、FC東京へ完全移籍。以前同様プレースキッカーを担った。

太田宏介選手プレイスタイルは?

太田選手の特徴は左足から出される正確なクロスやスピードのある縦へのドリブル突破などが特徴です。

二年連続二桁アシストを記録したこともあります。

日本人選手は左利きの左サイドバックが少ないのでかなり希少です。

またキックの質は非常に高いものがあり、直接フリーキックも何度となく決めています。

守備面ではオランダ移籍を経験してポジショニング、球際が強くなりました。

30歳とベテランになりましたがまだまだ成長していますね。

太田宏介選手の愛用スパイクは?

太田宏介選手の今季から新スパイクを履く可能性がでてきました。

15日、ナイキが新スパイク『マーキュリアル』の先行販売ライブストリーミング「NIKE FOOTBALL LIVE」を実施しました。

太田宏介選手は鹿島アントラーズの西大伍選手とスペシャルゲストとして登場しました。

ナイキ マーキュリアル スーパーフライ VI エリート ファームグラウンド サッカースパイク

近日発売予定でこのスパイクは、足を包み込む完璧なフィット感と抜群のボールタッチを提供。さらに、前足部のプレートにより、フィールドでの加速力も抜群です。

マーキュリアルシリーズはネイマール選手も履いているスパイク。

スピードを追求したデザイン!!

ナイキ マーキュリアル スーパーフライ VI エリート ファームグラウンド サッカースパイクは、足を包み込む完璧なフィット感と抜群のボールタッチを提供。さらに、前足部のプレートにより、フィールドでの加速力も抜群です。

360°のフィット感!!

足を包み込む360°デザインが、足にぴったりフィットして、しっかりとサポート。

ハイスピードでも正確にコントロール!!

アッパーに採用したマイクロテクスチャー加工のFlyknitにより、ハイスピードでのプレー中も、ボールを正確にコントロールできます。

ピンポイントのトラクション!!

革新的な前足プレートが、必要なタイミングで抜群のトラクションを発揮します。

購入はNIKEのサイトでもします!

近日再販予定です。

気になった方はコチラから

http://nike.jp/football/mercurial/photo-generator/

太田宏介選手の年俸は?

気になる太田宏介選手の年俸は推定6000万円です。

FC東京の平均年俸は3000万円ぐらいで、大久保嘉人選手、森重真人選手に次いでチーム3番目の年俸をもらっています。

太田宏介選手結婚は?

2017年7月6日モデルの福間文香さんと結婚しています。

太田選手と福間さんは、2016年の5月に行われた友人とのお食事会で出会ったそうです。

二人はその場ですっかり意気投合。

積極的だった太田選手の努力が実り1ヶ月後には交際となりました。

当時、太田選手はオランダのフィテッセに所属していました。

日本とヨーロッパの遠距離恋愛でしたが、Lineやテレビ電話で愛を伝えあっていたみたいです。

会えない時間が愛を育てるとはこのことですかね。

2017年に太田選手がFC東京に復帰してからは同棲をはじめたり、箱根で温泉や陶芸などを楽しんだり、うどんを食べに香川に飛んだりもしました。

また、正月にはハワイに行き、オアフ島で『地獄のトレイル』とも呼ばれる厳しいハイキングコース・ココヘッドに挑戦していたようです。

そして太田選手が彼女にプロポーズしたのは、2017年の6月6日。

自身の背番号6ににちなんでですかね。

ディズニーシーのホテルミラコスタのバルコニーでひざまずき

結婚してください

とプロポーズしたみたいです。

婚姻届は2017年に一度だけ、大安、天赦日、一粒万倍日の全て重なる最強の吉日を選びました。

それが2017年7月6日なのです。

福間文香さんは、結婚後もモデル・タレントの仕事を続け、子供は三人欲しいと話し合っているようです。

幸せな二人が素敵な家族になることを願っています。

最後に

元日本代表で私生活でも順風満帆な太田選手。

去年は補強の割になかなか成績が振るわなかったFC東京を牽引するベテランが今年はどんな活躍をみせてくれるのか楽しみである。

縦への突破からの素晴らしいアシストを今季も期待しています。

そしてFKからのゴールも注目のポイントです。

今日はこの辺で。

ありがとうございました。