ネイマールの裁判の結果が懲役2年以上なら移籍が事実上不可能に…

こんにちは。

ryuです。

まだまだ紅葉が色づくこの季節。Jリーグの優勝争いも目が離せませんね。

では今日はこちらの話題です。

ネイマール移籍に黄色信号?移籍に新たな障害が!!

パリ・サンジェルマンFWネイマールのレアル・マドリー移籍に、新たに障害が発生する可能性があるようだ。スペイン『スポルト』が報じている。

今夏バルセロナを退団してパリSGに加入したネイマール。だが最近ではパリで不満を抱いていることが取りざたされており、レアル・マドリーが来夏以降の獲得を目指しているとも言われている。

スペインでは現在、ネイマールがサントスからバルセロナに移籍した際に詐欺・汚職があったとの疑いで、裁判が行われている。その公判が来年4月に行われる予定だ。

検事側はネイマールに2年の懲役と1000万ユーロ(約13億円)の支払い、サンドロ・ロセイ前バルセロナ会長に5年の懲役を求めている。一方、訴えを起こしたDIS(当時ネイマールの保有権を40%保有していた投資ファンド)はネイマールに懲役5年、ロセイ前会長とジョゼップ・マリア・バルトメウ現会長に懲役8年を求めている。

ネイマールが実際に2年以上の懲役を求められた場合、レアル・マドリーを含めスペインのクラブへの移籍は実質不可能になると予想されている。

ネイマールとはどんな人物か?

ネイマール

ブラジルのサッカー選手

この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の姓)はダ・シウバ、第二姓(父方の姓)はサントスです。

ネイマール(Neymar)ことネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール(Neymar da Silva Santos Júnior [nejˈmaʁ dɐ ˈsiwvɐ ˈsɐ̃tus ˈʒũɲoʁ], 1992年2月5日 – )は、ブラジル・サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス出身のサッカー選手。ブラジル代表。リーグ・アン・パリ・サンジェルマンFC所属。ポジションはフォワード(FW)。2016年にはリオ五輪にOA枠で出場し、金メダルを獲得した。

名前ネイマール

本名 ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール

Neymar da Silva Santos Júnior

ラテン文字 NEYMAR

基本情報

国籍 ブラジル

生年月日 1992年2月5日(25歳)

出身地 モジ・ダス・クルーゼス

身長 173cm

体重 63kg

選手情報

在籍チーム パリ・サンジェルマンFC

ポジション FW (CF / LWG / RWG)

背番号 10

利き足 右足

ユース

1999-2003 ポルトゥゲーザ・サンチスタ

2003-2009 サントス

クラブ1

年 クラブ 出場 (得点)

2007-2013 サントス 103 (54)

2013-2017 バルセロナ 123 (68)

2017- パリ・サンジェルマン 2 (3)

代表歴2

2009 ブラジル U-17 3 (1)

2011 ブラジル U-20 7 (9)

2012 ブラジル U-23 7 (4)

2010  ブラジル 82 (53)

オリンピック

銀 2012 ロンドン 男子

金 2016 リオデジャネイロ 男子

経歴

幼少期のネイマール

ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオールは、ネイマール・ダ・シウバとナディーン・サントスとの間にサンパウロ州モジ・ダス・クルーゼスで一男一女の長子として出生、モデル業のrafaella beckranは4歳年下の実妹。実父もかつてサッカー選手であった。成長すると、ネイマールはフットサルとストリートサッカーに夢中になった。

1992年、ネイマールは家族と共にサン・ヴィセンテ(ポルトガル語版)に転居した。1999年にポルトゥゲーザ・サンチスタのユースクラブ入団を経て、2003年にサントスFCのユースクラブに移籍した。ユース年代で成功を収めると、家族はヴィラ・ベルミーロの隣に初めての物件を購入した。ネイマールは、15歳の時には1カ月に10,000レアル、16歳の時には1カ月に25,000レアルの収入があった。17歳でプロ契約を交わしサントスのトップチームに昇格し、スポンサー契約も得た。

クラブ

サントス時代

2005年1月、12歳だったネイマールはレアル・マドリードとの契約を交わす予定だったが、締結には至らなかった。2008年2月10日、サントスFCとプロ契約を結び、違約金は5000万ユーロに設定された。

13歳の時にロビーニョの年末チャリティマッチに参加。試合はテレビ中継され一躍有名になる。その後幾度となくサッカー番組などに出演し、サポーターからも一軍でのデビューを期待されるようになった。

デビュー戦となったサンパウロ州選手権のオエステFC戦では、得意の高速ドリブルやペダラーダを連発し、負けていた試合を逆転勝利に導いた。翌節のモジミリンEC戦でプロ初ゴールを決め、試合観戦していたペレに「彼はうまくいけば私を超える潜在能力を持っている」と評された。

2011年のコパ・リベルタドーレス決勝戦の対CAペニャロール戦では、アウェーの第1戦を0-0の引き分けで終え、ホームでの第2戦では47分に値千金の先制弾を決め、最終的に2-1でサントスが1963年大会以来、3度目のコパ・リベルタドーレス制覇を達成した。なおネイマール自身はこの大会で計6ゴールを記録しており、優勝の原動力となった。南米代表として出場したFIFAクラブワールドカップ2011では、12月14日の初戦の柏レイソル戦で、キックフェイントからのミドルシュートで先制点を挙げ、勝利に貢献。しかし決勝ではFCバルセロナの前に徹底マークに苦しみ、チームも0-4で敗北し準優勝に終わった。

2012年1月1日、2011年の南米年間最優秀選手賞に選出されたことが発表された。

バルセロナ時代

2013年5月24日、サントスがネイマールの放出を発表、26日にFCバルセロナとの5年契約での合意が発表された。背番号は当初決まっていなかったが、ティアゴ・アルカンタラがバイエルン・ミュンヘンに移籍した後、サントスでも着けていた11番を着けることになった。8月21日のスーペルコパ・デ・エスパーニャのアトレティコ・マドリード戦にてチームを優勝に導くアウェーゴールを決め、公式戦初得点を記録した。9月25日のレアル・ソシエダ戦ではチャンピオンズリーグも含め5戦連続アシストを記録した。

2014-15シーズンはアルゼンチン代表のメッシ、ウルグアイ代表のルイス・スアレスと3トップを組み、公式戦39ゴール、3トップとしてはスペイン史上最多となる公式戦ゴール数122ゴールを記録した。さらにはチャンピオンズリーグ決勝のユヴェントス戦でも5試合連続となるゴールを決めてメッシ、クリスティアーノ・ロナウドと並んでCL得点王となり、リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグの三冠を達成して欧州初のメジャータイトルを獲得した。また欧州と南米でクラブ王者のタイトルを獲得した史上8人目の選手となった。

2015-16シーズン、エースであるメッシの負傷による長期離脱の際には攻撃を牽引した。

さらに、メッシ、クリスティアーノ・ロナウドと共に自身初となる世界最優秀選手賞FIFAバロンドールの最終候補3人に選ばれた。シーズン後半は調子を落とすものの、公式戦31ゴール16アシストを記録し、リーガ・エスパニョーラとコパの連覇に貢献した。

2016年7月1日、バルセロナと新たに285億円の契約解除金の条件の5年契約の契約を結んだ。

2017年7月中旬、母国ブラジルの報道機関であるグローボ紙がネイマールがFCバルセロナから退団するかもしれないという事を伝えた。現地バルセロナの機関紙であるSPORTもこれを報じたがムンド・デポルティーボは否定していた。さらに7月23日にチームメイトであるジェラール・ピケが彼は残るとTwitterに投稿したためとメッシとスアレスが約1時間、ネイマール本人と話し合った為にこの移籍騒動は沈静化するかと思われたがピケ本人は単なる希望であったと会見で話した事や本人の口からは何も話されていない事から移籍騒動はぶり返された。FCバルセロナのPSMも終わり、8月になり7月30日からの自身のプロモーションの為に訪れていた中国からバルセロナに帰国、このまま練習に参加するかと思われたがFCバルセロナから公式にネイマール本人が退団の意思を見せた事を明らかにし、契約解除金として2億2200万ユーロ(日本円にして約290億円)を払わなければ放出しない事も同時に明らかにした。移籍先はパリ・サンジェルマンFCだと見られている。現地時間の8月3日にFCバルセロナがネイマール側から契約解除金である2億2200万ユーロが支払われたと発表した。移籍決定後、ネイマールの父親はバルサに前年の契約更新ボーナスの支払いを求めたが、クラブ側は条件を満たさないとしてこれを拒否した。

パリ・サンジェルマン時代

2017年8月3日、パリ・サンジェルマンFCへの移籍が発表された、2022年までの5年契約となっている。背番号はハビエル・パストーレから譲られた「10番」に決定。なお、背番号「10番」はズラタン・イブラヒモビッチやジェイ・ジェイ・オコチャといった名手、同郷の先輩であるロナウジーニョやライーが着けた背番号である。

人物

16歳でスペインに訪れた際、レアル・マドリードでプレーすることが夢だと発言していた。また、クラブワールドカップでFCバルセロナと対戦した後はバルセロナやメッシに対する憧れも口にしていた。

憧れの選手はロマーリオで、サントスや代表ではロマーリオの付けていた背番号11を好んで選択している。

また、憧れの選手としては他にジネディーヌ・ジダン、ロナウジーニョ、カカ、ロビーニョの名も挙げている。ロビーニョとはしばしば比較される。なお、ロビーニョとは2010年1月から半年間サントスFCでともにプレーし、代表でも共にプレーする機会があった。

FCバルセロナへ移籍の際、不正があったとしブラジルの投資ファンドDIS社は同選手とクラブを告訴した。その際バルセロナはサントスに1710万ユーロ(約23億9千万円)と同選手の父親が所有する『N&N』社に4000万ユーロ(約56億円)を支払ったと発表するなど合計8620万ユーロ(約120億円)と明かした。

ポーカーの愛好家であることを公言しており、2015年5月7日にオンラインポーカーサイト「ポーカースターズ」のブランドアンバサダーに就任したことを発表した。愛犬の名前もPokerであり、ミネイロンの惨劇をテレビで観戦していた際には「こんなクソみたいな試合見たくない。ポーカーでもしようぜ」と言い放ったという。

2017年5月、アメリカのESPNは世界で最も有名なアスリート100名を発表し、ネイマールは6位に選出された。サッカー選手ではクリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシに次ぐ3位。

世界でも屈指の人気アスリートであり、Instagramのフォロワー数は2017年8月現在で約8070万人を超えており、世界中のありとあらゆるアスリートの中でもクリスティアーノ・ロナウドに次いで2番目に多い。

引用:Wikipediaより

ネイマールプレースタイルは?

1対1に抜群に強いドリブルスキルを持ち、高いシュート精度を誇るプレースタイルを持つのがネイマールのプレースタイル。

一瞬で試合の流れを変えられる力を持っている。

よくダイブする癖のあるネイマールだかフィジカルは弱いわけでなく怪我を予防する為に意図的に行っている節も見受けられます。

前に脊椎を骨折する大ケガを負ったことが原因かも知れませんね。

一歩間違えれば選手生命に関わりかねませんからね。

あと熱くなりがちな所も試合を見ているとありますね。

ネイマールの彼女は?

あまり知られていないがネイマールは2011年8月24日、19歳にして一児の父親になっています。

お相手は当時17歳のカロウことカロリーナ・ダンタスさん。

息子の名前はダヴィ・ルーカ君。二人は結婚してないが時間を見つけて子供には会っているらしい。

そのあとも数々の女性と交際、噂があったネイマール。

今年の話になるがガールフレンドのブルーナ・マルケジーニさんとの破局をしたらしい。

ブルーナさんはブラジル出身の女優で現在21歳。今年の始めに復縁していたが、このたび再び破局。3度目の破局だそうだ。

ネイマールはサンパウロで行われたチャリティーオークションに出席。報道陣に「プライベートについて話すのは今日が最後だ。好きじゃないからね。僕たちが別れたというのは本当だ。これは僕たち2人で出した結論。彼女のことはとてもリスペクトしているし、プロフェッショナルとしてだけでなく個人的にも幸せであって欲しいと願うよ」と話し、ブルーナさんと別々の道を歩むことを認めた。

理由はネイマールがプロポーズをし、ブルーナさんに「ノー」と言われたことだそうだ。

世界最高峰のプレイヤーでルックスも申し分ないのにふられるんですね。

なにが問題だったのでしょうか?

ネイマールの年俸は?

ネイマールは今年8月、バルセロナから移籍金2億2200万ユーロ(約290億円)でパリSGに加入。

これは、当時の最高額である2016年夏にマンチェスター・ユナイテッドに移籍したMFポール・ポグバの移籍金を大きく上回るフットボール史上最高額となる。

公表された金額によると、ネイマールは月給300万ユーロ(約4億円)以上を受け取っている。

年俸に換算すると3680万ユーロ(約49億円)にも及び、日給にすると10万ユーロ(約1300万円)となり、時給では4000ユーロ(約54万円)程度が支払われる計算になる。

さすが注目度が高い選手は金額も桁違いですね。

金額が高いからこそ今回のような裁判沙汰になってしまったのかもしれませんね。選手にはプレーだけに集中させてあげたいですよね。

今後はこのようなことがないように願います。

なお、ネイマール以上のサラリーを貰うフットボーラーは元アルゼンチン代表FWのカルロス・テベスのみ。上海申花でプレーする同選手は3840万ユーロ(約51億円)を受け取っており、世界で1番の高給取りとされている。

最後に

ネイマールはブラジル代表の過去の名選手であった、リバウド、ロナウド、カカ、ロナウジーニョと肩を並べる選手になれると思います。

今回このような不祥事が発覚して非常に残念ですが早く問題を解決して欲しいですね。

ネイマールはブラジルサッカー界をリードして行く存在なので来年のワールドカップ注目です。

1日も早くサッカーに集中できる環境になるように願っています。

では今日はこの辺で。

ありがとうございました。