なでしこJAPANがベトナムに4発圧勝!!W杯アジア最終予選を白星スタート!!

おはようございます。

ryuです。

今日はこちらの記事です。

なでしこJAPANがベトナムに4発圧勝!!

なでしこジャパン(女子日本代表)は7日、AFC女子アジアカップヨ

ルダン2018のグループB第1節のベトナム女子代表戦に臨み、4-0で快勝しました。

FIFA女子ワールドカップフランス2019の出場権と大会連覇を目指す前大会王者のなでしこは、長崎で行われた壮行試合のMS&ADカップ2018のガーナ女子代表戦で7-1の大勝を飾り、今大会初戦に向けて最高の準備を整えてきた。

韓国女子代表、オーストラリア女子代表という難敵と同居したグループステージ初戦ではグループで最もFIFAランクが低いベトナム相手に必勝を目指した。

ガーナ戦の勢いをそのままに最後までベトナムに決定機を与えない盤石の試合運びを見せたなでしこが4-0で快勝。

運命のW杯アジア最終予選で見事に白星スタートを飾った。

スターディングイレブンはこちら!!

18 GK山下杏也加

3  DF鮫島彩

4  DF熊谷紗希

5  DF市瀬菜々

6   DF有吉佐織

7   MF中島依美(後35分→川澄奈穂美)

10  MF阪口夢穂

12 MF猶本光

19 MF増矢理花(後24→菅沢優衣香)

8  FW岩渕真奈

20 FW横山久美(後18分→田中美南)

なでしこJAPAN 4-0 ベトナム

日:横山(前3分)

日:中島(前17分)

日:岩渕(後12分)

日:田中(21分)

8チーム中5位までがW杯出場権を獲得する。8大会連続出場が懸かる日本は1次リーグで10日に韓国、13日にオーストラリアとそれぞれ戦う。

今日は久々に日本代表に帰ってきたなでしこJAPANの美人プレイヤーの川澄奈穂美選手をピックアップ!!

川澄奈穂美選手はどんな人?

川澄 奈穂美(かわすみ なほみ、1985年9月23日 – )は、神奈川県大和市出身の女子サッカー選手。日本体育大学体育学部体育学科卒業。NWSLのシアトル・レインFC所属。サッカー日本女子代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。

名前  川澄 奈穂美

愛称  なほ、みっちょん

カタカナ

カワスミ ナホミ

ラテン文字

KAWASUMI Nahomi

基本情報

国籍 日本

生年月日

1985年9月23日(32歳)

出身地 神奈川県大和市

身長 157cm

体重 51kg

選手情報

在籍チーム  シアトル・レインFC

ポジション FW、MF

背番号 9

利き足 右足

ユース

1993-1997 林間SCレモンズ

1998-2003 大和シルフィード

2004-2007 日本体育大学

クラブ

年クラブ出場(得点)

2008-2013  INAC神戸レオネッサ 112(53)

2014 シアトル・レインFC 20(9)

2014-2016 INAC神戸レオネッサ 43(7)

2016- シアトル・レインFC 34(9)

代表歴

2008- 日本83 (20)

オリンピック

銀 2012 ロンドン 女子

引用:Wikipediaより

川澄奈穂美選手プレイスタイルは?

川澄選手はその確かな戦術眼を武器に、ときにストライカー、ときにサイドアタッカーとして活躍しています。

スピードがあり運動量が多いのも特徴です。

またキック精度が高く決定力もあり周りを活かすプレイも得意です。

運動量が多いので献身的な守備も魅力なプレイヤーです。

またワールドカップ優勝を経験しているメンバーなのでチームにいるだけで頼もしい存在になりますしお手本にするところはあるでしょう。

当時の体験をどんどん若手に伝えていってほしいですね。

川澄奈穂美選手気になる彼氏は?

彼氏に関する明確な情報はありませんでした。

今はまだサッカーが恋人かも知れませんね。

これだけの美貌と実力があれば引く手あまたでしょう。

ただぽっちゃりが好きだという情報がありますので理想の相手といつか出会えるといいですね。

川澄奈穂美選手を育てた教えない指導法とは?!

川澄選手の父親、守弘さんの表現で言うと

『教えない指導法』

で娘の才能を育てたといいます。

世界一のオヤジは、どうやって世界一の娘を育てたのでしょうか?

それは

「自分で考える」

「考えを行動に移す」

「自分から進んで解決する」

が大事

分かりやすくいえば子どもの自由にやらせる、最低限の注意だけを与えて親はあれこれ口を出さない。

これを徹底的にやって、子供の『自主性』を高めていたといいます。

この指導法によって、川澄自身には小学生の頃から、

「自分で考える」

「考えを行動に移す」

「自分から進んで解決する」

という習慣が自然と培われてきたんだと思います。

この育て方が今の川澄選手の原点なんですね。

川澄奈穂美選手の憧れの選手は??

川澄奈穂美選手の憧れの選手は

ワールドカップ優勝の立役者でもありバロンドールに輝いたこともある澤穂希選手です。

澤穂希選手には小学生時代から憧れを抱き、小学6年の時に所属チームの優勝記念で、上尾野辺めぐみとともに澤のひざの上に乗り記念写真を撮影してもらっている。

さらに日本体育大学在学時の2004年4月24日、アテネオリンピックアジア最終予選の北朝鮮戦を国立競技場で観戦し、ひざの故障をおして奮戦する澤を見て

「澤さんと一緒にピッチに立って世界の頂点に立つ」

という明確な目標ができたと語っていました。

 この目標は見事に叶い2011年FIFA女子ワールドカップ・ドイツ大会で成就したことになる。

川澄選手の次の目標はなんでしょうね?!気になるところです。

最後に

実はネイルアートが得意で

中学・高校の体育教員免許を持っている川澄奈穂美選手。

久々の代表に復帰!!

監督が求めている経験、勝負強さ、精神的支柱と役割は多くなっていますが川澄選手なら必ずややってくれるはずです。

米国で揉まれ、さらに磨きのかかった川澄選手のプレーをこれからも期待しています。

今日はこの辺で。

ありがとうございました。