昨季2冠のC大阪、選手背番号発表…清武弘嗣が10番に。補強も万全。

こんばんわ!

ryuです。

今、Jリーグの移籍情報に目が離せないですね。来季を戦い抜くためにも補強も重要な仕事ですね。

今日はこちらの記事です。

昨年、2冠のセレッソ大阪、背番号発表&補強も順調か!!

セレッソ大阪は15日、2018シーズンにおける選手背番号を発表しました。

J1復帰初年度の昨シーズンにクラブ初タイトルなるルヴァンカップと天皇杯の2冠に輝いたC大阪。尹晶煥体制2年目となる今シーズンは、AFCチャンピオンズリーグを含む4つのタイトルにチャレンジする。

背番号は、今シーズンからMF清武弘嗣が46から10番、その10番を背負ったMF山口蛍が6番、その6番を着用したMFソウザが11番に心機一転。今シーズンより期限付きから完全移籍を果たしたMF水沼宏太も16番から7番に変更となっている。

主な新加入選手

田中亜土夢32←ヘルシンキ

高木俊幸13←浦和レッズ

ヤン・ドンヒョン18←浦項スティーラース

安藤瑞季40番←長崎総合科学大附属高校

DFマテイ・ヨニッチとFWリカルド・サントスは今シーズンより「ヨニッチ」、「リカルド」に登録名が変更された。

昨シーズン以上の飛躍が期待されるC大阪は、トップチームとU-23の2つのグループに分かれて始動。

トップチームは16日から23日までタイで一次キャンプを実施し、27日から2月4日まで宮崎県で二次キャンプが予定されている。

2018シーズン選手背番号

新加入:☆←(前所属)※移籍形態

GK

1.永石拓海☆←(福岡大学)※新加入

21.キム・ジンヒョン

27.丹野研太

45.茂木秀

DF

2.松田陸

3.茂庭照幸

4.藤本康太

5.田中裕介

14.丸橋祐介

22.ヨニッチ

23.山下達也

29.舩木翔

37.森下怜哉

MF

6.山口蛍

7.水沼宏太☆←(FC東京)※期限付きからの完全

10.清武弘嗣

11.ソウザ

15.木本恭生

17.福満隆貴

20.酒本憲幸

24.山村和也

25.山内寛史

26.秋山大地

30.大山武蔵

32.田中亜土夢☆←(ヘルシンキ/フィンランド)※完全

35.沖野将基

36.斧澤隼輝

38.西本雅崇

39.チャウワット☆←(バンコク・グラス/タイ)※期限付き

41.魚里直哉☆←(関西国際大学)※新加入

FW

8.柿谷曜一朗

9.杉本健勇

13.高木俊幸☆←(浦和レッズ)※完全

16.片山瑛一☆←(ファジアーノ岡山)※完全

18.ヤン・ドンヒョン☆←(浦項スティーラース/韓国)※完全

19.澤上竜二

28.中島元彦☆←(セレッソ大阪ユース)※昇格

31.山根永遠

33.米澤令衣

34.山田寛人☆←(セレッソ大阪ユース)※昇格

40.安藤瑞季☆←(長崎総合科学大附属高校)※新加入

46.リカルド

今回は昨年のタイトル二冠にも貢献したキャプテンの柿谷曜一朗選手を紹介していきます。

柿谷曜一朗とはどんな選手?

柿谷 曜一朗(かきたに よういちろう、1990年1月3日 – )は、大阪府大阪市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・セレッソ大阪所属。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。元日本代表。 妻はタレントの丸高愛実。

名前 柿谷曜一朗

愛称 曜さん、柿谷、カッキー、ジーニアス

カタカナ カキタニ ヨウイチロウ

ラテン文字 Kakitani Yoichiro

基本情報

国籍 日本

生年月日 1990年1月3日(28歳)

出身地 大阪府大阪市

身長 177cm

体重 68kg

選手情報

在籍チーム 日本の旗 セレッソ大阪

ポジション MF (OH) / FW (ST, CF)

背番号 8

利き足 右足

ユース

2002-2004 セレッソ大阪U-15

2005 セレッソ大阪U-18

クラブ

年 クラブ 出場 (得点)

2006-2014 セレッソ大阪 130 (51)

2009-2011 →  徳島ヴォルティス (loan) 97 (14)

2014-2015 FCバーゼル 18 (4)

2016- セレッソ大阪 54 (11)

代表歴

2005-2007 日本 U-17 9 (6)

2007-2009 日本 U-20 8 (3)

2013-2014 日本の旗 日本 18 (5)

引用:Wikipediaより

4歳からセレッソ大阪の下部組織に所属していてまさにサッカーの英才教育を受けてきた選手である。

高校在学中にセレッソ大阪とプロ契約を結びU-17日本代表ではプロとして唯一大会に参加した。

フランス戦、ハイチ戦でゴールをあげ、同大会にて最も素晴らしいゴールを挙げた得点者と評された。

プロ3年目の2008年、横浜F・マリノスから途中加入した乾貴士の台頭もあり、終盤にはベンチ外となるなど、出場機会は減少。

無得点のままシーズンを終えた。また、この年のAFC U-19選手権でもベスト8で敗退し、FIFA U-20ワールドカップへの出場権を逃してしまった。

2009年には練習への遅刻を繰り返すようになり、第3節栃木SC戦終了後、6月18日、徳島ヴォルティスへの期限付き移籍が発表されました。

徳島での監督、選手達の辛抱強いフォローもあり素行は改善されていった。

2011年には副キャプテンも任されるようになった。

2012年セレッソ大阪に復帰後、レギュラーとして定着してゴールを量産。成長した姿をクルピ監督に見せれた。同時に徳島に移籍する前の遅刻など問題を起こしたことに謝罪をしている。

2014年、スイスの名門クラブFCバーゼルへ移籍しました。

2016年、バーゼルで出場機会に恵まれず出場機会を求めて再びセレッソ大阪に復帰しチームのJ1昇格に貢献しました。

2017年はキャプテンとしてチームに貢献して天皇杯、ルヴァンカップの二冠に輝きました。

柿谷曜一朗選手プレイスタイルは?

広い視野に足元のテクニックがありドリブルもうまい。

それに加えてドリブルするときの姿勢がいいので臨機応変な対応ができます。

シュート精度も高くゴールを量産できる。

長短のパスもうまい選手なので周りも生かすことができる。

天才、ファンタジスタと以前から言われている。

試合の際に手首付近に巻いているテーピングは、徳島時代に「気が引き締まる」という理由で始めたものらしい。

柿谷曜一朗選手年俸は?

柿谷曜一朗の気になる年俸は2017年で7000万円です!

2012年→1000万円

2013年→1500万円

2014年→5000万円

2014年途中にスイス・FCバーゼルに移籍年棒は→1億5400万円

セレッソ大阪に復帰。

2016年→5000万円

2017年→7000万円

2017年度J1リーグ年俸ランキングで見れば29位。

2017年度のJ1リーグプロサッカー選手の平均年俸は2313万円ですから、決して低くないレベルと言えるでしょう。

順調に年俸アップしていますね。

柿谷曜一朗選手結婚は?

柿谷曜一朗選手はグラビアやバラエティなどで活躍していた丸高愛実さんと結婚しています。

2016年の2月に婚約しています。2016年12月8日に大阪市内の区役所に婚姻届を出しめでたく結婚となりました。

8日にした理由は柿谷曜一朗選手の特別な番号であると共に背番号が8だからだそうです。

2人の馴れ初めは、共通の知人を通じて知り合ったというよくある話です。約2年半前から交際に発展したとのことです。

ちなみにこのとき柿谷選手はスイスのスーパーリーグFCバーゼルに移籍することが決まっていました。

国内最後の試合後に柿谷曜一朗は、「間もなくスイスに行ってしまうけど、よかったら俺と付き合ってください」と、丸高愛実さんに突然告白したと言います。

その後は日本とスイスに離れた遠距離恋愛となりましたが、交換日記をやり取りするなど、愛を育んでいったそうです。

FCバーゼルからセレッソ大阪に復帰した後は、大阪市内で同棲状態に。プロポーズは柿谷曜一朗からで、婚約指輪とともに「結婚しよう」と告白しました。

しかし、サプライズで婚約指輪を買ったことがあだとなり、高級キャバクラへの貢ぎ物だと誤解され、険悪な雰囲気になる一幕もあったとか。

誤解も解けてめでたくゴールインした2人ですがいつまでも幸せな家庭を築いてほしいですね。

柿谷曜一朗選手スパイクは?

柿谷曜一朗選手はのスパイクは

「ナイキ ティエンポ レジェンド 7 FG」

を着用しています。

プレミアムカンガルーレザーとフライニットが組み合わさったTIEMPOシリーズトップモデル。

柿谷選手は以前まではハイパーヴェノムを着用していましたが、

2017年9月末頃からティエンポレジェンド7へ移行しています。

気になったかたはぜひためしてみてくださいね。

柿谷曜一朗選手は8への思いが強い!!

柿谷曜一朗選手は8への思い入れが特別です。

理由はミスターセレッソでもある森島寛晃選手の付けていたクラブの象徴となる番号だからだ。

今まで

森島選手→香川選手→清武選手→柿谷選手へと継承されてきた。

これだけの人が付けていた番号を受け継いだら嬉しいですよね!

愛着も湧きますね。

2013年に放送された情熱大陸ではネックレス、バック、ありとあらゆる私物に8の入ったものを使っていました。

この年に出演していた番組を見ると時計はガガミラノをよくしていましたね。

最近はどうなんでしょうね?

最後に

昨年は天皇杯、ルヴァンカップの二冠に輝きたセレッソ大阪。今年は更なる飛躍を近ってることでしょう。

クラブでも私生活も順調な柿谷曜一朗選手もまだまだ代表にやれる年齢でもあります。

元々天才と呼ばれ注目を浴びてきただけにこのまま好調を維持できればサプライズもあるかもしれませんね。

今シーズンもセレッソ大阪、柿谷曜一朗選手に期待したいです。

では今日はこの辺で。

ありがとうございました。