原口元気が浦和復帰も?ラファエルシルバが抜けた獲得候補に!! イングランド、ドイツのクラブも獲得に興味

こんばんは。

ryuです。

昨日は東京にも久しぶりに雪がつもりすごかったですね。

うちの愛犬は新雪の上で転がってました!!

さて今日はこちらの記事です。

冬の移籍市場、浦和レッズが原口元気の獲得に名乗りをあげる!!

今冬の移籍の可能性が報じられているヘルタ・ベルリンの日本代表FW原口元気(26)だが、ここに来て古巣の浦和レッズも獲得に動いているようだ。

今シーズン終了後にヘルタ・ベルリンとの契約が満了を迎える原口は、パル・ダルダイ監督の構想外となっており、今シーズンはブンデスリーガで7試合、ヨーロッパリーグで3試合の出場に留まっている。

原口は、19日に行われたドルトムント戦でもメンバー外となっており、6月に行われるロシア・ワールドカップへ向けて出場機会を得るため、今冬の移籍の可能性が噂されている。原口には、イングランドの2クラブやブンデスリーガのクラブも興味を持っている中、浦和レッズも手を挙げているようだ。

浦和レッズは、昨シーズン加入したブラジル人FWラファエル・シルバが中国2部の武漢卓爾職業足球倶楽部への移籍が決定的となっており、AFCチャンピオンズリーグやJリーグで活躍したストライカーを失うこととなる。

ラファエル・シルバの移籍金は700万ユーロ(約9億4700万円)とになると言われている。

原口は50万ユーロ(約6800万円)で2014年にヘルタ・ベルリンへと加入。今なお高い評価をしている古巣に移籍する可能性もあるが、どのような決断を下すだろうか。

原口元気選手はどんな選手か?

原口 元気(はらぐち げんき、1991年5月9日 – )は、埼玉県熊谷市出身のプロサッカー選手。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー、ディフェンダー。日本代表。ブンデスリーガ・ヘルタ・ベルリン所属。 妻はタレントの香屋ルリコ。

名前 原口 元気

愛称 ゲンキ

カタカナ ハラグチ ゲンキ

ラテン文字 HARAGUCHI Genki

基本情報

国籍 日本

生年月日 1991年5月9日(26歳)

出身地 埼玉県熊谷市

身長 179cm

体重 68kg

選手情報

在籍チーム ヘルタ・ベルリン

ポジション FW / MF / DF

背番号 24

利き足 右足

ユース

2004-2006 浦和レッズジュニアユース

2007-2009 浦和レッズユース

クラブ

年 クラブ 出場 (得点)

2009-2014 浦和レッズ 167 (33)

2014- ヘルタ・ベルリン 84 (4)

引用:Wikipediaより

幼少期は江南サッカー少年団の主力選手として2003年の第27回全日本少年サッカー大会で優勝に貢献。

その年に行われた全日本少年フットサル大会に出場、決勝では6ゴール7アシストと全ゴールに絡む活躍で優勝二冠を手にした。

中学進学と共に浦和レッズジュニアユースに所属。その後、飛び級でユースに昇格。

ユースチーム昇格1年目からサテライトの試合に出場。

トップチームへの登録がスポーツ新聞で取りざたされたり、浦和の提携先であるFCバイエルン・ミュンヘンから練習生としての2年間オファーを受けるなど、動向が注目されていたが、2008年5月23日付けで2種登録選手としてトップ登録された。

そして、5月25日のナビスコカップ、対名古屋グランパスエイト戦で公式戦デビューを飾った。これは、FCバイエルン・ミュンヘンのオファーに危機感を持ったフロントの意向もあったとされる。

10月13日、高円宮杯第19回全日本ユースサッカー選手権 (U-18)大会決勝では1得点2アシストを挙げ、優勝に貢献した。

また、AFC U-19選手権2008に出場するU-19日本代表に選出され、1試合に出場している。ユース時代は主に3トップの左ウィングとして起用されていた。

2009年1月30日に浦和とプロ契約を締結。これは日本人でクラブ史上最年少である。

2009年シーズンは、開幕戦の3月7日対鹿島アントラーズ戦でスタメンを飾りJリーグ初出場を果たすと、4月12日第5節名古屋グランパスエイト戦において、クラブ日本人最年少ゴール(17歳11ヶ月3日)を決めた。

4月27日にはリーグ史上4番目の若さ(森本貴幸、阿部勇樹、稲本潤一に次ぐ)でA契約を結んだ。推定年俸は700万円。

2011年は開幕からレギュラーに定着し、チームトップの9得点を挙げ、ナビスコカップニューヒーロー賞を受賞した。

2012年はベンチスタートが多かったがJ1第14節ガンバ大阪戦からスタメンに定着する。公式戦6得点に終わる。

2013年は初めてリーグ戦で2桁得点を記録。

2014年からは背番号「9」を背負うことになる。

2014年5月25日、ドイツ・ブンデスリーガのヘルタ・ベルリンへ完全移籍することが発表された。

契約期間は2014年6月から4年間。

公式戦デビューとなったDFBポカール1回戦、左MFに先発して移籍後初ゴールを挙げた。

2015年のリーグ戦終盤にかけて監督の信頼を勝ち取り、献身的な動きでサイドのレギュラーを獲得した。

2016-17年、第2節に先発出場し、2アシストの活躍でMOMに選出された。

その後もリーグ戦第9節までフル出場していたが、第11節で初めて先発を外されて以来、ベンチスタートが増えていく。

2017-18年、移籍する可能性が高いと報道されていたが、結局ヘルタに残留してプレーする事を決断。

日本代表で挑んだW杯最終予選ではタイ戦、イラク戦、オーストラリア戦、サウジアラビア戦で連続ゴールを決め、三浦知良や呂比須ワグナーの記録を塗り替えるW杯最終予選としては史上初となる4試合連続得点を記録した。

原口元気選手プレイスタイルは?

原口元気選手はドリブラーでありそこからするどいシュートやパスも出せる万能型な選手です。

またドリブルからのカットインが得意でスピードも速いです。

主に左サイドのアタッカーであり攻撃も守備もハードワークにこなすほどの運動量もあります。

まさにハリル監督の戦術にぴったりな選手ですね!!

まだまだ成長できるポテンシャルがあるので今後も楽しみですね。

原口元気選手スパイクは?

原口元気選手の愛用のスパイクは「ナイキ マーキュリアル ヴェイパー XI HG-V

」です。

アッパー素材はマイクロファイバー。

特徴、機能

・エンボス加工された横編みのうね模様がボールへの対応力とコントロールを向上

・足の形に沿った圧縮成型ナイロンプレートが優れたサポート力と快適性を提供

・スタッドの配置を見直し、トラクション、回転、快適性の理想的なバランスを追求

・シュータンのない構造でぴったり安定したフィット感を確保

・薄型のトゥボックスで正確なボールコントロールが可能

・刃のような形状のスタッズを配したハードグラウンドヴェイパー (HG-V) グリップパターンにより、硬い土やその他のハードグラウンドでの加速力を実感

・インソール取り外し可

原口元気選手以外にも

クリスティアーノ・ロナウド、ネイマールJR、長友佑都も着用しているモデルです。

スピードタイプの選手にはおすすめです。

気になった人はぜひぜひ試してくださいね。

原口元気選手結婚は?

原口選手は2015年にタレントでフリーアナウンサーの香屋ルリコさんと結婚されています。

二人の出会いは2012年に友人の紹介で交際に発展したようで香屋さんがスポーツ好きなのですぐ意気投合したようです。

原口選手も出会った時から結婚を意識していたようですね。

2014年に浦和からヘルタベルリンに移籍する時も

「一緒にいてくれた恋人がいたから頑張れた」

と語っています。

原口選手より4つ上の姉さん女房なので結婚してからクラブ、日本代表の活躍を見る限り精神的にも支えられていたんでしょうね!!

子供はまだいないみたいなので今後そんな朗報が聞けるのが楽しみですね!!

原口元気選手の愛車は?

原口元気選手の愛車は2016年にテレビ出演の際に乗っていたものを確認すると

アウディ Q7だと確認できます。

圧倒的な存在感、俊敏さとパワーを併せ持つプレミアムSUVで並外れたポテンシャルを発揮するパワートレインと、驚くべき軽量化を遂げつつも高い剛性を誇るボディを身に纏った堂々たるデザイン。

存在感、俊敏さ、並外れたポテンシャルなどまるで原口選手のことを言ってるみたいですね。

気になるかたはまずは試乗へ!!

最後に

日本代表でも活躍する原口選手。クラブでは昨シーズンから出場機会に恵まれず出場機会を求めています。

個人的には浦和レッズにきてくれることが嬉しいですがワールドカップを見据えるとやはりヨーロッパに移籍してもっと世界のサッカーに揉まれて成長した姿を見たいですね。

大事な1年になると思いますので慎重に決めて欲しいと思います。

今日はこの辺で。

ありがとうございました。