《W杯》ウルグアイvsフランス!!ヴァラン&グリーズマン弾で完勝のフランスがベスト4進出!!

こんにちは。

ryuです。

今回はこちらの記事です。

ウルグアイvsフランス!!準決勝に駒を進めたのはフランス!

ロシア・ワールドカップ(W杯)準々決勝、ウルグアイ代表vsフランス代表が6日にニジニ・ノヴゴロド・スタジアムで行われ、2-0でフランスが勝利し、準決勝進出を決めた。

ウルグアイ 0-2 フランス

【フランス】

ヴァラン(前39)

グリーズマン(後16)

グループAを3連勝で首位通過し、ラウンド16でポルトガル代表を2-1で撃破したウルグアイ。準々決勝では、そのポルトガル戦で2ゴールを決めたものの負傷交代していたカバーニがスタメンから外れ、ストゥアーニがスアレスの相方に起用された。

ウルグアイスターディングイレブン!!

GK

1 ムスレラ

DF

22 カセレス

2 ホセ・ヒメネス

3 ゴディン

17 ラクサール

MF

8 ナンデス(→ ウレタビスカヤ)

14 トレイラ

6 ベンタンクール(→ C・ロドリゲス)

15 ヴェシーノ

FW

11 ストゥアーニ(→ マキシ・ゴメス)

9 スアレス

対するのは、グループCを2勝1分けで首位通過し、ラウンド16でアルゼンチン代表に4-3で打ち勝ったフランス。累積警告によりマテュイディが出場停止となっているフランスは、中盤にトリッソを起用してベスト4進出を目指した。

フランススターディングイレブン!!

GK

1 ロリス

DF

2 パヴァール

4 ヴァラン

5 ユムティティ

21 リュカ

MF

10 ムバッペ(→ デンベレ)

6 ポグバ

7 グリーズマン(→ フェキル )

13 カンテ

12 トリッソ(→ エンゾンジ)

FW

9 ジルー

試合展開

お互いにテンションの高い入りとなった試合、両ワイドに入ったグリーズマンとムバッペを起点に攻勢をかけるフランスに対し、ウルグアイは高い位置でのプレスからショートカウンターを狙っていく。

14分、ウルグアイが右CKからチャンスを作り出す。キッカーのトレイラがファーに蹴り込むと、ヒメネスがヘディングシュートで枠を捉える。これはGKロリスに阻まれたものの、フランスゴールを脅かしていく。

対するフランスも直後の15分に決定機を迎える。浮き球のボールをボックス内中央のジルーが頭で落とすと、フリーのムバッペが反応。

しかし、ヘディングシュートは枠を捉えることができず、均衡を破ることはできない。

ウルグアイの重心がやや後ろにかかり、にらみ合いのような展開が続く35分、フランスが右サイドに長いボールを送ると、ムバッペが爆発的なスピードでDFラクサールを振り切る。しかし、トップスピードのまま供給したクロスは味方に合わない。

39分、ボックス手前右でフランスがFKを獲得。グリーズマンがニアに速いボールを供給すると、ヴェシーノのマークを外したDFヴァランがヘディングシュートを放ち、貴重な先制点を奪取した。

前半終了間際の44分、今度はウルグアイにビッグチャンス。相手陣内やや右でFKを得ると、ボックス内にクロスが上がる。すると、カセレスがゴール左隅を捉えた鋭いヘディングシュートを放ったが、GKロリスがファインセーブを披露。詰めていたゴディンが放ったシュートも枠を外れた。

フランスが1点のリードで折り返して迎えた後半、ウルグアイはまたしてもヒヤリとするシーンを作られる。48分、GKムスレラがロングキックに時間をかけると、プレスをかけたグリーズマンがボールに足を当てる。ボールは枠を捉えなかったものの、あわや追加点というシーンとなった。

フランスの時間帯が続く中、57分にウルグアイが得点に迫る。最前線のスアレスがボックス内でユムティティに粘り強くプレスをかけると、こぼれたボールがボックス手前のベンタンクールの下へ。しかし、ベンタンクールが放ったシュートは枠を外れていく。

59分、1点が欲しいウルグアイはストゥアーニ、ベンタンクールに代えてマキシ・ゴメス、C・ロドリゲスを投入。大胆な2枚替えで攻撃の活性化を図っていく。

しかし61分、ウルグアイにとって勢いを削がれるような場面が生まれてしまう。

ボックス手前左でボールを持ったグリーズマンがミドルシュートを放つと、GKムスレラが正面に飛んできたボールをパンチングミス。シュートはゴールに吸い込まれた。

さらに73分、ボックス手前左でボールを持ったトリッソが、右足で巻くようにファーを狙う。ボールは枠を捉えなかったものの、またしてもウルグアイゴールを脅かした。

劣勢に立たされているウルグアイは、直後にナンデスに代えてウレタビスカヤを起用。攻撃の枚数を増やしていく。

逃げ切りを図るフランスは、80分にトリッソに代えてエンゾンジを投入。長身の選手を起用することで守備の安定を図った。

すると、サイドからのクロスを起点としていたウルグアイはその後目立ったチャンスを作り出すことができず。得点を奪うことができないまま、試合終了の笛を聞くこととなった。

この結果、フランスの準決勝進出が確定。フランスは、ベルギー代表と10日に対戦する。

最後に

4試合でわずか1失点の堅守誇るウルグアイを撃破したフランス!!

グリーズマンが1ゴール1アシストと活躍しました。ウルグアイはカバーニの欠場が大きかったでしょう。

今大会攻守共に安定したパフォーマンスをしているフランス。

このまま優勝なるか?

次はルカク、アザールがいる強豪ベルギーとです。

自慢のベルギー攻撃陣に対してどう対応していくのか?

見所満載ですね。

今回はこの辺で。

いいワールドカップライフを。

ありがとうございました。