《W杯》ブラジルvsメキシコ!!ネイマールの1G1Aの活躍でメキシコを下して準々決勝進出!

こんにちは。

ryuです。

今回はこちらの記事です。

ブラジルvsメキシコ!!セレソンのエース、ネイマール輝く!

ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦、ブラジル代表vsメキシコ代表が2日に行われ、ブラジルが2-0で勝利し、準々決勝進出を決めた。

ブラジル 2-0 メキシコ

ブ:ネイマール(後6)

ブ:フィルミノ(後43)

スイス、セルビア、コスタリカが同居したグループEを2勝1分けの首位で通過したブラジル。

ブラジル 1-1 スイス

ブラジル 2-0 コスタリカ

ブラジル 2-0 セルビア

2-0と快勝した直近のセルビア戦のスタメンから負傷交代したマルセロに代えてフィリペ・ルイスのみを変更した。

ブラジルスターディングイレブン!!

GK

1 アリソン 5.5

DF

22 ファグネル

2 チアゴ・シウバ

3 ミランダ

6 フィリペ・ルイス

MF

15 パウリーニョ(→フェルナンジーニョ)

5 カゼミロ

11 コウチーニョ(→フィルミノ)

FW

19 ウィリアン(→マルキーニョス )

9 ガブリエウ・ジェズス

10 ネイマール

一方、ドイツ、スウェーデン、韓国が同居したグループFを2勝1敗の2位で通過したメキシコ。

メキシコ 1-0 ドイツ

メキシコ 2-1 韓国

メキシコ 0-3 スウェーデン

0-3と完敗したスウェーデン戦のスタメンから2選手を変更。ラユンと出場停止のモレーノに代えてアジャラと今大会初先発となるメキシコの“レジェンド”マルケスを起用した。

メキシコスターディングイレブン!!

GK

13 オチョア

DF

21 アルバレス(→ジョナタン・ドス・サントス)

2 アジャラ

3 サルセド

23 ガジャルド

MF

16 H・エレーラ

4 マルケス(→ラユン)

18 グアルダード

FW

22 ロサーノ

14 エルナンデス(→ヒメネス)

11 ベラ

試合展開

メキシコが積極的な入りを見せたことでオープンに立ち上がった一戦。

これまでの3戦とは違う左サイドに入ったベラがグアルダードと共に仕掛け、アクセントを付けていった。

良い入りを見せたメキシコが序盤以降も勢いそのままに攻勢を仕掛ける流れが続く。

受けに回る入りとなったブラジルは、ネイマールがボールに触れない状況が続いたが、25分に決定機。

ネイマールがキレ味鋭いドリブルでゴールエリア左まで侵入してシュート。

しかし、左手を広げていたGKオチョアにセーブされた。

ここからブラジルのポゼッションが高まり、33分にはジェズスがボックス左からオンターゲットを記録。

しかし、自陣に引いて守備に比重を置いたメキシコ相手にゴールを奪うには至らず前半をゴールレスで終えた。

後半からマルケスに代えてラユンを右サイドバックに投入したメキシコは、アンカーにアルバレスを回した。

そのメキシコに対し、ブラジルは開始3分にショートコーナーの流れからコウチーニョがGKオチョアを強襲する強烈なシュートを浴びせると、51分に先制した。

ネイマールのヒールパスでボックス左に抜け出したウィリアンの鋭いグラウンダークロスを、ゴール前に詰めたネイマールが押し込んだ。

先制したブラジルが59分にパウリーニョがボックス内から枠内シュートを浴びせて追加点に迫った中、メキシコはエルナンデスに代えてヒメネスを投入し、早くも3枚の交代カードを使い切ると、61分にベラがミドルシュートでGKアリソンを強襲。

オープンな展開が続く中、ブラジルはウィリアンがオンターゲットを記録するもGKオチョアの好守に阻まれる。さらに68分、ネイマールのコントロールシュートで追加点に迫ったブラジルは、メキシコの反撃を許さずに時間を消化していく。

そして88分、勝負を決定付ける。ショートカウンターからボックス左まで持ち上がったネイマールが絶妙なトゥキックパスを送ると、途中出場のフィルミノが難なく詰めた。

このまま2-0で勝利したブラジルが準々決勝進出を決め、ベルギーとベスト4を懸けて対戦する。

一方、敗れたメキシコは7大会連続ベスト16での敗退となった。

最後に

ブラジルのネイマールが復活した決勝トーナメント1回戦!

やはりこの男なくして今のブラジルはないだろう。

調子が上がってきているだけに次のベルギー戦も期待したいですね。

両チーム共に攻撃的なチームなだけにオープンな形になるかもしれませんね。

では今回はこの辺で。

いいワールドカップライフを。

ありがとうございました。