D組のナイジェリア代表がロシアワールドカップに臨むメンバー23名を発表!!

こんにちは。

ryuです。

本日はこちらの記事です。

ナイジェリアがロシアワールドカップに臨むメンバーを発表!!

ナイジェリアサッカー協会(NFF)は3日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたナイジェリア代表メンバー23名を発表した。

5月14日に代表候補メンバー30名を発表していたゲルノト・ロール監督は、主将を務めるMFジョン・オビ・ミケル(天津泰達)やFWヴィクター・モ-ゼス(チェルシー)、FWケレチ・イヘアナチョ(レスター・シティ)、MFウィルフレッド・エンディディ(レスター・シティ)ら主力を順当に選出している。

発表されたナイジェリア代表メンバーは以下のとおり。

ナイジェリア代表メンバー23名

GK

イケチュク・エゼンワ(エニンバ)

ダニエル・アクペイ(チッパ・ユナイテッド/南アフリカ)

フランシス・ウソホ(デポルティボ・ラ・コルーニャB/スペイン)

DF

ブライアン・イドウ(アムカル・ペルム/ロシア)

アブドゥライ・シェフ(ブルサスポル/トルコ)

ケネス・オメルオ(カスムパシャ/トルコ)

ウィリアム・トルースト=エコング(ブルサスポル/トルコ)

タイロン・エブエイ(ADO/オランダ)

エルデルソン・ウーワ・エチエジレ(サークル・ブルージュ/ベルギー)

チドズィエ・アワズェム(ナント/フランス)

レオン・バログン(マインツ/ドイツ)

スティーヴン・エゼ(ロコモ

MF

ジョン・オビ・ミケル(天津泰達/中国)

ジョン・オグ(ハポエル・ベエルシェバ/イスラエル)

オジェニ・オナジ(トラブゾンスポル/トルコ)

オゲネカロ・エテボ(ラス・パルマス/スペイン)

ジョエル・オビ(トリノ/イタリア)

ウィルフレッド・エンディディ(レスター・シティ/イングランド)

FW

ヴィクター・モーゼス(チェルシー/イングランド)

ケレチ・イヘアナチョ(レスター・シティ/イングランド)

アレックス・イウォビ(アーセナル/イングランド)

アーメド・ムサ(CSKAモスクワ/ロシア)

シメオン・シミー・ヌワンコ(クロトーネ/イタリア)

オディオン・イガロ(長春亜泰/中国)

ナイジェリア注目選手は??

アレックス・イウォビ

オコチャ2世と名高いイウォビ。

何を隠そう彼は、あのナイジェリアの英雄「オコチャ」と血縁がある男なのです!

関係はオコチャの甥にあたるそうです。

彼のプレースタイルの最大の特徴は、繊細なボールタッチから繰り広げられる独特なリズムのドリブルです。

チャンスメイクやシュートも得意なので今回楽しみな存在ですね。

ヴィクター・モーゼス

ユース時代はイングランド代表で現在はチェルシー所属のモーゼス選手は、身体能力が高く、スピード、運動量、パワーがありチェルシーではウイングバックで起用されていることが物語るように上下動を繰り返すことが出来て、ボール奪取能力も高くて守備への貢献度も高い選手です。

ナイジェリア代表では、ウイングとしての起用が濃厚ですが、縦への推進力がありカウンターアタックの起点となるプレーが出来ますね。

縦にトップスピードで走りながら強いセンタリングやファーサイドへのミドルシュートが打てるところも得点の可能性を高めることができでしょう!

ナイジェリア代表ロシアワールドカップの日程は?

ロシアW杯でグループDに属するナイジェリアは、アルゼンチン代表、アイスランド代表、クロアチア代表と同居。

6月16日クロアチア

21日アイスランド

26日アルゼンチン

と対戦する。

最後に

D組に入ったナイジェリア。

なかなか粒揃いな選手が揃ったグループだが持ち前の身体能力を生かしてグループリーグ突破なるか?

注目ですね。

今回はこの辺で。

ありがとうございました。