F組メキシコ代表のロシアワールドカップに臨む登録メンバー23名は?

こんにちは。

ryuです。

今回はこちらの記事です。

メキシコ代表がロシアワールドカップに臨むメンバー紹介!!

今回はロシアワールドカップに向けたメキシコ代表登録メンバー23名を紹介していきます。

チームを率いるのはフアン・カルロス・オソリオ監督。

北中米カリブ海予選を首位で通過し、7大会連続16回目のW杯出場を決めたメキシコ。

メンバーは順当に

FWハビエル・エルナンデス(ウェストハム)

MFジョナタン・ドス・サントス(ロサンゼルス・ギャラクシー)

MFジョバニ・ドス・サントス(ロサンゼルス・ギャラクシー)

GKギジェルモ・オチョア(スタンダール・リエージュ)

などが順当に選出された。

今回発表されたメキシコ代表メンバーは以下のとおり。

メキシコ代表メンバー 23名

GK

ギジェルモ・オチョア(スタンダール・リエージュ/ベルギー)

ホセ・デ・ヘスス・コロナ(クルス・アスル)

アルフレード・タラベラ(トルーカ)

DF

ウーゴ・アジャラ(ティグレス)

エドソン・アルバレス(クラブ・アメリカ)

ヘスス・ガジャルド(プマス)

ディエゴ・レジェス(ポルト/ポルトガル)

カルロス・サルセード(フランクフルト/ドイツ)

ミゲル・ラユン(セビージャ/スペイン)

エクトル・モレーノ(ソシエダ/スペイン)

MF

ラファエル・マルケス(アトラス)

ジョナタン・ドス・サントス(ロサンゼルス・ギャラクシー/アメリカ)

ジョバニ・ドス・サントス(ロサンゼルス・ギャラクシー/アメリカ)

エクトル・エレーラ(ポルト/ポルトガル)

マルコ・ファビアン(フランクフルト/ドイツ)

ホセ・アンドレス・グアルダード(ベティス/スペイン)

FW

ハビエル・エルナンデス(ウェストハム/イングランド)

ラウール・ヒメネス(ベンフィカ/ポルトガル)

マヌエル・コロナ(ポルト/ポルトガル)

イルビング・ロサーノ(PSV/オランダ)

カルロス・ベラ(ロサンゼルスFC/アメリカ)

オリベ・ペラルタ(クラブ・アメリカ)

ハビエル・アキーノ(ティグレス)

メキシコ代表注目選手は?

ハビエル・エルナンデス

メキシコの中心人物にして世界的なストライカー。

チチャリートの愛称とマンU時代の香川の同僚としても知られていますね。

スピードと決定力の高さが持ち味で特に決定力はかなり高くその事でマンU、レアルなどのビッグクラブを渡り歩きゴールを挙げていきました。

今回年齢的にも最後のワールドカップとなるであろう今大会は集大成の意味も含めて、数多くのゴールを決めてくれるはず。

ゴールの嗅覚に優れ、プレミア2位の記録を持つ、ペナルティエリア内での得点率の高さは相手にしてはかなり危険。

今大会でも注目の選手です。

ホセ・アンドレス・グアルダード

現在リーガでも活躍しているグラルダードですが、類まれなサッカーセンスで注目され、数々のヨーロッパのクラブを渡り歩きました。

パサーとしてもフィニッシャーとしても一流ともいえ、169cmと小柄ながら、体格差を物ともせずに、相手チームにとって危険なプレーを仕掛けます。

大柄の選手をすり抜けるようにかわすドリブルは本当に見ている方が気持ちがいい程で、シュート精度も高く、角度のない所でも果敢にシュートを放ち、キーパーの手の届かない位置にボールを放り込み、得点を挙げる。

更に中盤であればどのポジションでもそつなくこなせるユーティリティを持ちます。

キャリアも終盤へと向かっているかもしれませんが、集大成としてのワールドカップは楽しみですね。

メキシコ代表日程は?

ロシアW杯でグループFに属するメキシコは、ドイツ代表、スウェーデン代表、韓国代表と同居。

6月17日ドイツ

23日韓国

27日にスウェーデン

と対戦する。

最後に

F組に属するメキシコ代表。

ドイツ代表に継ぐ2位狙いが現実的だがどうなるだろうか?

チームの力を考えるとスウェーデン、韓国より一歩上を行っているイメージです。

初戦がドイツ代表なので苦戦は強いられますが引き分けに持ち込めれば御の字だろう。

今夜期待しています。

今回はこの辺で。

いいワールドカップライフを。

ありがとうございました。