J1リーグ第11節結果&ベストイレブン発表!!

こんにちは!!

ryuです。

さて、今日はこちらの記事です。

J1リーグ第12節を前に結果をおさらい!!

2018シーズンの明治安田生命J1リーグが幕を開けました。

第11節の結果がこちら!!

04/28(土)

長崎 0 – 2 広島

広:ティーラシン(後7)

広:佐々木翔(後14)

仙台 2 – 2 札幌

札:福森晃斗(前16)

仙:西村拓真(後2)

札:チャナティップ(後33)

仙:大岩一貴(後49)

清水 2 – 1 柏

清:鄭大世(前38)

柏:クリスティアーノ(前40)

清:北川航也(前41)

FC東京 3 – 2 名古屋

F東:ディエゴ・オリヴェイラ(前20)

名:ジョー(前32)

F東:永井謙佑(前38)

F東:ディエゴ・オリヴェイラ(後1)

名:ホーシャ(後18)

磐田 1 – 1 C大阪

磐:川又堅碁(前25)

C:杉本健勇(後11)

神戸 1 – 2 川崎F

川:谷口彰悟(前7)

神:三田啓貴(後34)

川:小林悠(後43)

浦和 0 – 1 湘南

湘:石川俊輝(前30)

横浜FM 3 – 0 鹿島

横:遠藤渓太(前7)

横:天野純(前21)

横:中町公祐(後21)

4/29(日)

G大阪 3 – 0 鳥栖

G:倉田秋(後23)

G:ファン・ウィジョ(後37)

G:マテウス(後47)

首位、広島は前節初黒星を喫したが4連勝中と勢いに乗る長崎の攻撃をシャットアウトし勝利を飾りました。

仙台は土壇場で追いついて連敗を脱出。札幌は勝利こそならなかったが8戦無敗を継続。

FC東京はオリヴェイラ2戦連続2Gに永井3戦連発で連勝!名古屋は泥沼の8連敗。

小林悠の終盤勝ち越し弾で3連勝!ウヨン退場の神戸は4試合ぶり黒星。

浦和はオズワルド・オリヴェイラ監督就任以降連敗。対する湘南は、1997年以来21年ぶりに浦和に勝利し、連勝に突入した。

横浜FM、天野の華麗FK弾含む3発で6試合ぶり白星!

鹿島は3試合勝利なし!

マテウスのJリーグ初ゴールが生まれたG大阪は、ホーム3連勝を飾り、順位も16位に浮上。4試合連続無得点に終わった鳥栖は6連敗となり、17位に後退している。

J1リーグ5位まで順位表!!

1- 広島 28

2- FC東京 22

3- 川崎F 21

4- 札幌 19

5- C大阪 19

次開催の第12節が楽しみですね!!

明治安田生命J1リーグ第11節、DAZN週間ベストプレーヤーはこちら!!

GK飯倉大樹 (横浜)

DF中澤佑二(横浜)

DF谷口彰悟 (川崎)

DF和田拓也(広島)

DF佐々木翔(広島)

MF遠藤保仁(G大阪)

MF天野純(横浜)

MF柏好文(広島)

FW小林悠(川崎)

FW永井謙佑(FC東京)

FWディエゴヴィエイラ(FC東京)

以上です。

おめでとうございます。

最後に

いかがでしたか?

上位は広島を筆頭に勝ちと引き分けで順位の変動はなし。好調を維持していますね。

横浜FMの天野選手のFKは

中村俊輔選手の蹴りかたに似ていて特徴をとらえてましたね。素晴らしかったです。

中断期間まであと4試合!

試合を重ねてきて今年のJリーグの形が見えてきましたね。

果たして独走の広島を止めることはできるのか?!

今日の12節にも注目ですね。

今日はこの辺で。

ありがとうございました!