H組日本代表vsポーランド代表今夜激突!!日本代表GL突破なるか!

こんにちは。

ryuです。

今回はこちらの記事です。

日本代表、2大会ぶりの16強を懸けた戦いが今夜はじまる!!

28日の23時から日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)グループH最終戦でポーランド代表と対戦する。

ここまで1勝1分けの勝ち点4を稼ぎ、グループ首位に立つ日本。

対戦相手のポーランドは、開幕から2連敗となり、既に敗退が決定している。

しかし、今節の結果次第では日本はグループステージ敗退の可能性もあり、余裕がある状況ではない。しっかりと勝ち点を稼ぎ、自力でベスト16入りを決めたいところだ。

過去対戦は負けなし?!

ポーランドとは過去2度の対戦経験があり、いずれも日本が勝利している。しかし、直近の対戦は2002年3月。日韓ワールドカップ前に対戦したのが最後であり、今のポーランド代表と比べることはできない。

絶対的なエースであるFWロベルト・レヴァンドフスキを擁し、サイドアタッカーを含めて欧州トップクラブでプレーする選手も多いポーランド。しかし、今大会は上手く機能せずに2連敗となった。

特に、攻撃面がフィットしておらず、レヴァンドフスキも孤立する状態に。チームとして2試合で1得点、さらにはレヴァンドフスキがノーゴールと、ポーランドにとっては後さんが続いている状況と言えるだろう。

それでも、コロンビア戦の前半で見せた戦いぶりは侮ることができず、結果的に0-3で敗れたものの、戦える力があることを見せた。失うものがなくなった第3戦は、国としての誇りを懸け、勝利を目指して向かってくるはず。強力な攻撃陣をどう抑えるかが、日本としては重要となるだろう。

必要な勝ち点は「1」!!

ここまで勝ち点4を稼いでいる日本に必要なのは、あと「1」ポイントとなる。しかし、この勝ち点「1」は簡単なものではないだろう。

引き分けを狙う戦いは不要であり、日本としては勝利を目指して戦う必要がある。西野朗監督も

「W杯に消化試合はあり得ない」

と前日会見で語り、しっかりと気を引き締めて戦うことは間違いない。

ここまでの2試合は非常に良い試合の入りを見せていた。コロンビア戦は早々にPKを獲得し、試合の主導権を握った。セネガル戦では、猛攻を凌ぎながら1失点を喫したものの、落ち着いて巻き返すことに成功した。

試合のコントロール、選手のコントロールが上手く行っている今大会。ポーランド戦でも重要になるのは、どのようにコントロールするかだろう。他会場の結果次第では、突破も敗退も決定する可能性があるだけに、常に優位に立ってゲームを進めたい日本。しかし、不利な立場になっても動揺しないことが重要となるだろう。

日本代表予想フォーメーションは??

[4-2-3-1]

日本代表

GK:川島永嗣

DF:酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都

MF:柴崎岳、長谷部誠

MF:原口元気、香川真司、乾貴士

FW:大迫勇也

ここ2試合で同じ11人をスタートから起用してきた西野監督。

休みが1日少ないこと、そして、会場であるヴォルゴグラードの気候を考えると、メンバーを代えてもおかしくはない。

流れ的にはメンバーを変更しないメリットは大きいが負傷を抱え、警告を1度受けているMF長谷部誠は気がかりな要素が多い。

キャプテンとしてここまでチームをけん引してきた長谷部を外すリスクは大きい。なのでスタートで長谷部をだしてみて早めの交代はあるかもしれない。そしてクローザーとしてMF山口蛍を起用するほうが、現実的かだろう。

疲労は大きな懸念材料だが、結果が出ていることで体感としては軽減されている可能性は高い。西野監督も「とてもいい形で3戦目を迎えられるというところで、疲れも半減というのはあります」と語っており、ここまでの2試合で積み上げてきたものを優先すると見る。

プレーの不安定さが気がかりなGK川島永嗣だが、継続して先発するだろう。この大事な3戦目で守護神を代えることは考えにくく、ここは川島の経験と本来のパフォーマンスを取り戻すことに期待したい。

「明日は自分がチームを助けられるようにしたいです」

と川島が前日に語ったように、パフォーマンスを期待したい。

また、注目を集めるのは、セネガル戦でゴールを決めたMF乾貴士だ。本大会前は負傷の状態が懸念されていたが、直前のパラグアイ戦でゴール。

その勢いのまま、コロンビア戦、セネガル戦と左サイドで違いを見せた。ポーランド相手にも、乾のドリブルには注目だ。

そして2試合連続途中出場でゴールに絡んでいる本田はまた違いをみせてくれるのか!パフォーマンスにも期待ですね。

グループステージ突破へ

日本にとっては、2大会ぶりのラウンド16進出が懸った一戦。引き分け以上の結果を残せば、自力でグループステージ突破を掴むことができる。

開幕2カ月前の監督交代に始まり、結果が出ない中で迎えた本大会。不安要素が多かったものの、ここまでは1勝1分け。チームとしての完成度を上げ、ピッチ内での対応力を見せての結果だ。

しかし、ここまでの良い流れも、ポーランド戦で不意になる可能性もある。相手ありきの世界だが、自力で突破のチャンスがあるだけに、結果として残さなければいけない状況となった。

これまでの2試合同様に、しっかりとコントロールし、攻守にわたって粘り強さを出すこと。そして、ピッチ内での修正力で相手に対応することができるのか。

グループステージ突破に向けた運命の一戦。ポーランド戦は、28日の23時にヴォルゴグラードでキックオフを迎える。

日本代表vsポーランド代表予想スコアは?!

筆者がかんがえるの予想スコアは次の通り!

日本代表 1-1 ポーランド代表

レヴァンドフスキをしっかり抑え、細かいパスワークで攻撃。

お互いに決め手を欠き引き分けてGL突破を予想!!

最後に

H組グループリーグ最終節が今夜はじまります。

日本代表、コロンビア代表、セネガル代表の三つ巴の戦いになったが果たしてどんな結果が待っているのか?

日本はいい流れでここまできているため是が非でも引分以上で試合を終えてほしいです。

日本代表の奮闘とGL突破を期待して今夜応援します。

今回はこの辺で。

いいワールドカップライフを。

ありがとうございました。