中国移籍と言われていたイニエスタに様々な移籍の可能性&ユーベのマンジュキッチも中国か?!

こんにちは!

ryuです。

今回はこちらの記事です。

中国移籍と噂されたイニエスタに様々な国からオファーが!!

マンチェスター・シティが、バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタの獲得を望んでいるようだ。スペイン『アス』が伝えた。

今シーズン限りでのバルセロナ退団が濃厚となっているイニエスタは現在、中国移籍が噂されており、重慶当代力帆天津権健が移籍先として浮上。

イニエスタ自身は21日に行われたセビージャとのコパ・デル・レイ決勝後、

「去就については、今週発表する」

と明かしており、その動向に注目が集まっている。

そんな中、今回伝えられるところによると、ここに来てシティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が接近しているとのこと。

セビージャ戦でハイパフォーマンスを披露した同選手がトップレベルでまだプレーできると判断しており、再タッグを望んでいるようだ。

また、パリ・サンジェルマン(PSG)も獲得へ動いているチームの一つと報道。

さらに最近退任を発表したアーセン・ヴェンゲル監督の後任として浮上しているルイス・エンリケ氏が、アーセナルに就任した場合、同クラブも獲得に乗り出す可能性があると見解を示している。

ただイニエスタと接触している中国のクラブの契約には、子供たちを対象としたフットボールスクールの指導ほか、イニエスタの父親が運営するワイナリー「ボデガ・イニエスタ」の中国展開に、同クラブが尽力するオプションも含まれているとされている。

既に五つのクラブが興味を示しているなかイニエスタはどこのクラブに行くのだろうか?

注目です。

ユベントスのマンジュキッチも中国移籍の可能性?!

ユベントスに所属するクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(31)の退団の可能性が高まってきているようだ。

『カルチョメルカート』が伝えている。

2015年夏に加入以降、チームの大きな戦力となっていたマンジュキッチ。1年目からリーグ戦27試合に出場し10ゴールをマークすると、昨季はリーグ戦34試合に出場。

レアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ決勝戦でも同点ゴールを挙げ、ユベントスに勢いをもたらした。

今季からは左ウイングで新たな側面を見い出し、マッシミリアーノ・アッレグリ監督にとっても欠かせない選手となっている。

ところが、マンジュキッチは今季限りでの退団の可能性が高まってきているようだ。

イタリア『Rai Sport』によれば、中国から幾つかのオファーが来ているとみられており、選手本人も興味を持っているようだ。

しかし、それにはアッレグリ監督の進退が関わっているようで、『カルチョメルカート』は、アッレグリがユベントスに残るのであれば、それに付随してマンジュキッチも残留となる可能性があるとみているようだ。

最後に

年々、中国のスーパーリーグへ移籍する海外のビッグネームの数々。

ビッグネームが加入することでチーム力はあがり年々組織力も高まっていてACLでも中国のチームは頭角を現しています。

次の記事では中国リーグについて書きたいと思います。

今日はこの辺で。

ありがとうございました。