G組イングランド代表がロシアワールドカップに臨むメンバー23名を紹介!!

こんにちは。

ryuです。

今回はこちらの記事です。

イングランド代表のロシアワールドカップに臨むメンバー23名を紹介!!

今回はイングランド代表を紹介します。

W杯欧州予選を圧倒的な強さで制し、本大会ではベルギー代表とパナマ代表、チュニジア代表と同じグループGに組み込まれたイングランド。

そのイングランドの注目のエースNoである10はMFラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)が背負い、FWハリー・ケイン(トッテナム)は9番を背負うこととなった。また、正GKが付けることの多い1番はGKジョーダン・ピックフォード(エバートン)となった。

イングランド代表メンバー

GK

1.ジョーダン・ピックフォード(エバートン)

13.ジャック・バトランド(ストーク・シティ)

23.ニック・ポープ(バーンリー)

DF

2.カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)

3.ダニー・ローズ(トッテナム)

4.エリック・ダイアー(トッテナム)

5.ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)

6.ハリー・マグワイア(レスター・シティ)

12.キーラン・トリッピアー(トッテナム)

15.ギャリー・ケイヒル(チェルシー)

16.フィル・ジョーンズ(マンチェスター・ユナイテッド)

22.トレント・アレキサンダー=アーノルド(リバプール)

MF

7.ジェシー・リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)

8.ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)

20.デレ・アリ(トッテナム)

10.ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)

18.アシュリー・ヤング(マンチェスター・ユナイテッド)

17.ファビアン・デルフ(マンチェスター・シティ)

21.ルベン・ロフタス=チーク(クリスタル・パレス)

FW:9.ハリー・ケイン(トッテナム)

FW:11.ジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ)

14.ダニー・ウェルベック(アーセナル)

19.マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)

イングランド代表注目選手は??

ケイン

昨シーズンまでプレミアリーグで3年連続得点王。今シーズンも得点ランクトップのサラーが異常だっただけで、通常なら十分得点王を狙える25点以上を取っています。

ポストプレー、パス、ドリブル、シュート、献身的な守備と、ほぼ何でもできる万能型のストライカー。ちょっとでも隙があれば即シュートを狙うような怖さも出てきている。

デレアリ

トッテナム所属のデレ・アリ選手はボランチも出来ますがトップ下として活躍。

今大会のイングランド代表は、得点を取るパターンをチームとして構築出来ないと思っていますので、ハリーケイン選手とデレ・アリ選手のトッテナムコンビに期待したいと思います。

クラブチームで出来上がった阿吽の呼吸でチャンスメイクしてくれるでしょう!

運動量がありサイドに流れるプレーが得意です。

イングランド代表は、両サイドに得点力のあるタイプのウイングを抱えているのでサイドに流れてからのセンタリングは武器になるでしょう。

イングランド代表日程は?

ロシアW杯でグループGに属するイングランド。

6月18日チュニジア

24日パナマ

28日ベルギー

と対戦する。

最後に

G組の本命イングランド。

ベルギーとのグループリーグ一位を争う展開になると予想。

問題は三試合目の直接対決。お互いグループリーグ突破を決めて主力を休ませることになるかもしれませんが楽しみですね。

ではこの辺で。

いいワールドカップライフを。

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする