J1リーグ第6節結果&ベストイレブン発表!!

こんにちは!!

ryuです。

さて、今日はこちらの記事です。

J1リーグ第7節を前に結果をおさらい!!

2018シーズンの明治安田生命J1リーグが幕を開けました。

J1リーグ第6節の結果がこちら!!

04/7(土)

札幌 3 -0 名古屋グランパス

札:進藤亮佑(前26)

札:都倉賢(後24)

札:OG(後28)

C大阪 2- 1 鳥栖

C:柿谷曜一朗(前27)

C:丸橋祐介(後10)

鳥:趙東建(後32)

磐田 0 – 0 清水

浦和 1-0 清水

浦:興梠慎三(前5)

湘南 2 – 1 鹿島

湘:OG(前5)

鹿:鈴木優磨(前7)

湘:山根視来(後49)

04/08(日)

長崎 2 – 5 FC東京

F東:ディエゴ・オリヴェイラ(前4)

F東:東慶悟(前15)

長:中村慶太(前25)

F東:永井謙佑(前40)

F東:ディエゴ・オリヴェイラ(後5)

長:中原彰吾(後8)

F東:ディエゴ・オリヴェイラ(後11)

柏 0 – 1 広島

広:佐々木翔(前17)

横浜FM 1 – 1 川崎F

川:家長昭博(後13)

横:中澤佑二(後16)

C大阪は鳥栖のミスをついた柿谷選手が冷静に決めて先制、最後で攻撃を緩めなかったC大阪が勝利。

ホームで鹿島と対戦した湘南は先制するも追い付かれ後半ATに山根選手のJ初ゴールで開幕ぶりの勝利を飾りました。

浦和レッズは興梠選手のゴールで先制しながらも仙台の猛攻に耐えて念願の初勝利。

川崎は大島の活躍から家長のゴール。ベテラン中沢に同点を許す展開になり引分。

札幌は都倉選手の華麗なバイシクルボレーなどもあり名古屋に勝利。

磐田×清水は一進一退の攻防もありましたがゴールレスで引分。

長崎×FC東京は点の取り合いになりディエゴオリヴェイラのハットトリックなど乱打戦を制しました。

神戸は大槻選手のAT弾で勝利。

首位独走の広島は3年ぶりに佐々木選手がゴール。また林選手のPKストップなどで勝利。

5位まで順位表!!

1-広島16

2-川崎11

3-仙台11

4-FC東京10

5-清水9

次は開催の第7節が楽しみですね。

明治安田生命J1リーグ第6節、DAZN週間ベストプレーヤーはこちら!!

GK林卓人(広島)

DF進藤亮佑(札幌)

DFチョンウヨン(神戸)

DF遠藤航(浦和レッズ)

MF藤田直之(神戸)

MF大島僚太(川崎)

MF駒井善成(札幌)

MF東慶悟 (FC東京)

MFチャナティップ(札幌)

FW 興梠慎三(浦和レッズ)

FWディエゴオリヴェイラ(FC東京)

以上です。

おめでとうございます。

今日はそんな中から、ハットトリックの活躍で好調のディエゴ・オリヴェイラ選手ピックアップ!!

ディエゴ・オリベイラ選手とはどんな選手?

ディエゴ・オリヴェイラ・デ・ケイロス(Diego Oliveira De Queiroz、1990年10月4日 – )は、ブラジル・パラナ州クリチバ出身のサッカー選手。J1リーグ・FC東京所属。ポジションはフォワード

名前ディエゴ・オリヴェイラ

本名

ディエゴ・オリヴェイラ・デ・ケイロス

Diego Oliveira De Queiroz

愛称  ア・レンダ・ビーバ

ラテン文字

DIEGO OLIVEIRA

基本情報

国籍 ブラジル

生年月日 1990年6月22日(27歳)

出身地 クリチバ

身長 179cm

体重 75kg

選手情報

在籍チーム FC東京

ポジション FW(CF / LWG / RWG)

背番号 9

利き足 右足

ユース  パラナ

クラブ

年クラブ出場(得点)

2008-2009 パラナ

2009-2010 アル・ミサイマー

2010-2013 ノロエスチ

2011→ 水原三星 3(0)

2012→ バイーア 2(0)

2013-2014 アウダックス

2014-2015 ノボリゾンチーノ0(0)

2014→ ボア 24(5)

2015→ リネンセ 15(5)

2015→ ポンチ・プレッタ 31(3)

2016-柏レイソル57(17)

2018-→ FC東京6(5)※4/10現在

引用:Wikipediaより

日本での活躍

2016年1月、柏レイソルに加入。

驚異的なフィジカルの強さと得点感覚で柏の攻撃の中心となり、シーズン合計12ゴールを挙げ、チーム得点王となった。

2018年よりFC東京に期限付き移籍で加入。3月18日、第4節の湘南ベルマーレ戦で移籍後初得点を決めた。4月8日、第6節のV・ファーレン長崎戦ではハットトリックを決めて勝利に貢献した。

ディエゴ・オリヴェイラ選手プレイスタイルは?

179センチと上背はあるわけではないがフィジカルが強くポストプレーが得意です。

また右利きではあるが両利きと思わせるぐらいの精度とシュート力、決定力もある。

また助っ人外国人の場合守備を疎かにしがちですがディエゴオリヴェイラ選手は献身的に守備も魅力です。

まさにエースとしての資質充分ですね。

ディエゴ・オリヴェイラ選手の年俸は?

ディエゴ・オリヴェイラ選手の2018年の年俸は7000万円です。

このまま好調を維持してクラブも上位に食い込めば更なる年俸アップも期待できますね。

得点王も期待です。

ディエゴ・オリヴェイラ選手スパイクは?

ディエゴ・オリヴェイラ選手のスパイクは

マーキュリアルヴェイパー11NIKEiDでカラーカスタマイズしたものを使用しています。

2018シーズンはNIKEiDでオーダーしたヴェイパー11がここまでですでに3足も登場しており、

その日の気分や好みに応じて3足を使い分けている様子です。

マーキュリアルヴェイパー11のNIKEiDは2018年の3月上旬頃まで注文可能でしたが、ヴェイパー12やスーパーフライ6のNIKEiDが登場したことに伴い、現在ではヴェイパー11のNIKEiDは生産終了しています。

なので、ディエゴ・オリヴェイラ選手はシーズンオフ中にNIKEiDで注文して、FC東京でのキャンプやプレシーズン中にNIKEiDヴェイパー11を履き慣らして、J1開幕とともにNIKEiDのヴェイパー11をメイン使用している感じです。

残念ながらもう購入はできませんが気になるかたは次のヴェイバー12を試してみてくださいね。

最後に

今シーズンから柏レイソル期限付き移籍で加入したディエゴ・オリヴェイラ選手!!

契約期間は2018年2月1日から2019年1月1日までだがもうチームに馴染み結果を残している。

柏と対戦する全ての公式戦に出場できないがそこは層の厚いFC東京なので大丈夫だろう。

現在得点ランキングも1位で5点決めています。

2018年大活躍を期待しています。

FC東京は素晴らしい契約をしましたね。

今日はこの辺で。

ありがとうございました!!