中国スーパーリーグの最近の傾向と豪華な外国籍選手達!!

こんにちは!

ryuです。

今回はこちらの記事です。

中国スーパーリーグの最近の傾向と豪華な外国籍選手達!!

中国スーパーリーグは数年前まではいわゆる爆買いで迎えたビッグネームたちがチームを牽引しているイメージだったが、

今季のACLでの戦いぶりを見るかぎり、着実に組織力を高めてきた印象を受ける。

ルイス・フェリペ・スラーリやマルチェロ・リッピ、アンドレ・ヴィラス=ボアスなど世界でもトップレベルの指導者をこぞって招聘し、中国人選手たちの育成にも尽力。

昨季のACLで上海上港はベスト4に進出したが、かならずしもフッキ、オスカール、エウケソンら助っ人たちに頼りっきりのチームではなかった。

過去数年、世界を驚嘆させてきた超大型ディールも今冬は抑えめだ。

北京国安がビジャレアルからFWセドリク・バカンブーを4000万ユーロ(約52億円)で獲得したのがダントツの最高値。

だが2番手は同じく北京国安が釣り上げたホナタン・ビエラ(←ラス・パルマス)の1100万ユーロ(約14億3000万円)と、数値はがくんと落ちる。

それでも河北華夏にバルセロナからハビエル・マスチェラーノ、北京人和にアトレティコマドリードからアウグスト・フェルナンデスと名手が新たに加入。

リーグ全体の陣容をパワーアップさせている。

中国当局も爆買いを規制介入?!

中国当局による移籍金高騰の規制介入もあって、爆買いはある程度抑えられており、実際は超高額サラリーを保証しての招聘が大半を占めている。

とはいえ、スーパーリーグが軌道に乗り、複数年契約を結んだ大物助っ人たちが腰を据えて取り組み、チーム強化を促進しているのだ。

この傾向を踏まえて中国スーパーリーグは安定期に入ってきたのは確かだろう。

全保有選手の合計推定市場価格上位ランキング!!

1-上海上港が6270万ユーロ(約82億円)

2-北京国安の5190万ユーロ(約67億円)

3-天津権健の4928万ユーロ(約64億円)

4-広州恒大の4168万ユーロ(約54億円)

と続く!!

最下位は重慶力帆で988万ユーロ(約13億円)という数値だ。

1クラブあたりの平均は2377万ユーロ(約31億円)でかなり高い数値を出している。

Jリーグでは

C大阪の2443万ユーロ(約19億円)

川崎の2258万ユーロ(約29億円)

鹿島アントラーズの2110万ユーロ(約27億円)

が上位3クラブである。

1クラブあたりの平均は、1475万ユーロ(約19億円)で中国スーパーリーグと比べると10億以上の差があります。

 2018年シーズン・中国スーパーリーグの外国籍選手一覧!!

【広州恒大(昨季優勝】

FWリカルド・グラール(元ブラジル代表)

FWアラン・カルバリョ(ブラジル国籍)

MFネマニャ・グデリ(セルビア代表)NEW

DFキム・ヨングン(韓国代表)

全保有選手・合計推定市場価格:4168万ユーロ(約54億円)

【上海上港(昨季2位)】

FWフッキ(元ブラジル代表)

FWエウケソン(ブラジル国籍)

MFオスカール(元ブラジル代表)

MFダリオ・コンカ(アルゼンチン国籍)

MFオディル・アフメドフ(ウズベキスタン代表)

全保有選手・合計推定市場価格:6270万ユーロ(約82億円)

【天津権健(昨季3位】

FWアレッシャンドレ・パト(元ブラジル代表)

FWアントニー・モデスト(フランス国籍)

MFアクセル・ヴィツェル(ベルギー代表)

MFクウォン・ギョンウォン(韓国代表)

全保有選手・合計推定市場価格:4928万ユーロ(約64億円)

【河北華夏(昨季4位】

FWエセキエル・ラベッシ(元アルゼンチン代表)

FWジェルビーニョ(コートジボワール代表)

MFエルナネス(元ブラジル代表)

MFハビエル・マスチェラーノ(アルゼンチン代表)NEW

DFキム・ジュヨン(韓国代表)

全保有選手・合計推定市場価格:3525万ユーロ(約46億円)

【広州富力(昨季5位】

FWレナチーニョ(ブラジル国籍)

FWエラン・ザハビ(イスラエル代表)

MFジュニオール・ウルソ(ブラジル国籍)

全保有選手・合計推定市場価格:1683万ユーロ(約23億円)

【山東魯能(昨季6位】

FWパピス・デンバ・シセ(元セネガル代表)

FWジエゴ・タルデッリ(元ブラジル代表)

FWグラツィアーノ・ペッレ(元イタリア代表)

DFカルロス・ジウベルト(元ブラジル代表)

全保有選手・合計推定市場価格:2593万ユーロ(約34億円)

【長春亜泰(昨季7位】

FWオディオン・イガロ(ナイジェリア代表)

FWラッセ・ヴィーベ(デンマーク代表)NEW

FWマリーニョ(ブラジル国籍)

DFアンツール・イズマイロフ(ウズベキスタン代表)

全保有選手・合計推定市場価格:1680万ユーロ(約22億円)

【貴州智誠(昨季8位】

FWニキチャ・イェラビッチ(元クロアチア代表)

MFマリオ・スアレス(元スペイン代表)

MFティアロン・シェリー(オランダ国籍)

全保有選手・合計推定市場価格:1345万ユーロ(約18億円)

【北京国安(昨季9位】

FWセドリク・バカンブー(コンゴDR代表)NEW

FWホナタン・ソリアーノ(スペイン国籍)

MFレナト・アウグスト(ブラジル代表)

MFホナタン・ビエラ(スペイン代表)NEW

全保有選手・合計推定市場価格:5190万ユーロ(約67億円)

【重慶力帆(昨季10位】

FWアラン・カルデック(ブラジル国籍)

MFフェルナンジーニョ・エンリケ(ブラジル国籍)

MFルイス・フェルナンジーニョ(ブラジル国籍)NEW

MFニコラス・アギーレ(アルゼンチン国籍)NEW

全保有選手・合計推定市場価格:988万ユーロ(約13億円)

【上海申花(昨季11位】

FWオバフェミ・マルティンス(元ナイジェリア代表)

MFオスカール・ロメロ(パラグアイ代表)

MFジオバンニ・モレーノ(コロンビア代表)

MFフレディ・グアリン(元コロンビア代表)

DFキム・キヒ(韓国代表)

全保有選手・合計推定市場価格:2068万ユーロ(約27億円)

【江蘇蘇寧(昨季12位)】

FWベンハミン・ムカンジョ(カメルーン代表)

MFラミレス(元ブラジル代表)

MFアレックス・テイシェイラ(ブラジル国籍)

DFガブリエル・パレッタ(元イタリア代表)

全保有選手・合計推定市場価格:4168万ユーロ(約46億円)

欧州リーグやワールドカップなどで活躍した選手が多数活躍している中国スーパーリーグ。

年々組織力も高まりACLでも頭角を現しています。

今回のACLの予選では

グループEの天津権健は2位突破。

グループFの上海上港は1位突破。

グループGの広州恒大は1位突破。

グループHの上海申花は4位で予選敗退。

と4チーム中3チームが予選を突破している。

最後に

いかがでしたか?

これが中国スーパーリーグの現状になります。

急成長を遂げている中国スーパーリーグはこのままチーム力が増していけばいつの日かアジアの頂点に、クラブワールドカップの常連になる日がくるかもしれないですね。

そこまでの驚異を感じるポテンシャルを秘めています。

今日はこの辺で。

ありがとうございました。