G組ベルギー代表のロシアワールドカップに臨むメンバー23名を紹介!!

こんにちは。

ryuです。

今回はこちらの記事です。

ベルギー代表がロシアワールドカップに臨むメンバーを紹介!!

今回はベルギー代表について紹介していきます。

ロベルト・マルティネス監督は、先月21日に発表した28名の候補メンバーからDFローラン・シマン(ロサンゼルスFC)、GKマッツ・セルス(アンデルレヒト)、DFジョルダン・ルカク(ラツィオ)、DFクリスチャン・カバセレ(ワトフォード)、FWクリスティアン・ベンテケ(クリスタル・パレス)の5選手を外した。前回大会をアキレス腱断裂のケガで欠場したベンテケは2大会連続の悲劇となった。

ただ、ベテランDFのシマンに関しては直近のポルトガル代表戦でそ径部を痛めたDFヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティ)、コンディション不良が続くDFトーマス・ヴェルメーレン(バルセロナ)の状況次第で代替招集される可能性がある。

また、23名のメンバーではプレミアリーグでアシスト王に輝いたMFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)や、MFエデン・アザール(チェルシー)、FWロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)、DFヤン・ヴェルトンゲン(トッテナム)など、プレミアリーグで活躍する猛者たちが順当に選出されている。

なお、先日には本大会メンバー23名分のマットレスの映像をベルギーのテレビ局『VRT』が伝えた際に、記名入りのマットレスに5選手の名前がなかったことで落選メンバーが事前に漏れるというハプニングがあったものの、その名前がなかったメンバーの内で実際に落選したのはセルス、ジョルダン・ルカク、カバセレの3選手のみ。DFリーンデル・デンドンカー(アンデルレヒト)、MFアドナン・ヤヌザイ(レアル・ソシエダ)の2名はメンバー入りを果たしている。

ベルギー代表候補メンバー23名

GK

ティボー・クルトワ(チェルシー/イングランド)

シモン・ミニョレ(リバプール/イングランド)

コーエン・カスティールス(ヴォルフスブルク/ドイツ)

DF

リーンデル・デンドンカー(アンデルレ)

デドリック・ボヤタ(セルティック/スコットランド)

ヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティ/イングランド)

ヤン・ヴェルトンゲン(トッテナム/イングランド)

トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム/イングランド)

トーマス・ヴェルメーレン(バルセロナ/スペイン)

トマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン/フランス)

MF

アクセル・ヴィツェル(天津権健/中国)

ヤニク・フェレイラ=カラスコ(大連一方/中国)

ユーリ・ティーレマンス(モナコ/フランス)

ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/イングランド)

ナセル・シャドリ(WBA/イングランド)

マルアン・フェライニ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)

ムサ・デンベレ(トッテナム/イングランド)

FW

エデン・アザール(チェルシー/イングランド)

ロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)

ミッチー・バチュアイ(ドルトムント/ドイツ)

ドリエス・メルテンス(ナポリ/イタリア)

トルガン・アザール(ボルシアMG/ドイツ)

アドナン・ヤヌザイ(ソシエダ/スペイン)

ベルギー代表注目選手は?

エデン・アザール

相手が複数いても独力で崩せる速くて細かいドリブルは、世界最高レベル。

スペースを与えれば一気にゴールまで行けてしまいます。相手にとって野放しにできない選手で脅威ですね。

ロメル・ルカク

マンチェスターユナイテッドのエースストライカー。

日本代表との親善試合でもルカク選手に決勝点を決めていたのは記憶に新しいですね。

抜群のフィジカル能力に加えて安定したポストプレーやゴール前での得点嗅覚に優れています。

ベルギー代表日程は?

ベルギー代表は、W杯でパナマ代表、チュニジア代表、イングランド代表と同組のグループGに入った。

6月18日パナマ

23日チュニジア

28日イングランド

と対戦する

最後に

G組所属のベルギー代表。

今のベルギー代表は非常に評価が高くワールドクラスなメンバーもいます。

選手がフルでかみ合えば期待できるかもしれませんね。

グループリーグ通過は確実でしょう!!

試合を見るのが楽しみです。

ではこの辺で。

いいワールドカップライフを。

ありがとうございました。